Switch版『UNDERTALE』が2018年に発売決定!MOTHER2など日本のゲームから影響を受けた誰も死ななくていいやさしいRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世界中で大ヒットしたインディーズゲーム『UNDERTALE』のNintendo Switch版が、2018年(その内)に発売されることが本日放送された「Nintendo Direct 2018.3.9」でアナウンスされました。

本作は、”誰も死ななくていいやさしいRPG “をテーマにした独特の世界観が特徴のRPGです。
テーマが示すように、必ずしもバトルでモンスターを倒す必要はなく、モンスターと交流してやり過ごすこともできます。
もちろん戦うのもプレイヤー次第。

グラフィックは『MOTHER2』ライクなものになっていて、よく比較されることもあります。

4gamerに掲載されたインタビューでは、『MOTHER』シリーズ、『マリオ&ルイージRPG』、『東方Project』、『真・女神転生』、『ブランディッシュ』、『洞窟物語』といったゲームから影響を受けたと開発者のToby Fox氏は述べていて、日本のゲームが大好きなようです。

なお、Steam版は日本語に対応しているほか、PS4&PSVitaではパッケージ版が2018年5月24日にリリースされる予定です。
※DL版は配信済み。

現時点でSwitch版がパッケージでリリースされるかは不明ですが、期待したいところですね!

UNDERTALE - PS4 (【永久封入特典】ストーリーブックレット 同梱)
ハチノヨン (2018-05-24)
売り上げランキング: 1,125
UNDERTALE - PSVita (【永久封入特典】ストーリーブックレット 同梱)
ハチノヨン (2018-05-24)
売り上げランキング: 1,526
紹介映像

下記にPS4版の日本語トレーラーがあるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク