Switch用ソフト『アンデッドパーティ』が2022年1月13日に配信決定!


Nintendo Switch用ソフト『アンデッドパーティ (Undead Horde)』が、2021年1月13日に配信されることが決定しました。
販売価格は2,200円(税込)に設定されていますが、2022年1月31日 23時59分までは割引価格の1,980円(税込)で購入することができます。

本作は、倒した敵をその場で蘇生しパーティ組成できる、爽快なハクスラ系アクションRPGです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

倒した敵をその場で蘇生しパーティ組成!
アンデッドを支配して最強の軍団を作り上げろ!

爽快ハクスラ系アクションRPG!
■アンデッドパーティとは?
アンデッドパーティは、海外で高い評価を受けて10万本超の大ヒットをしているハクスラ系アクションRPG。
プレイヤーはネクロマンサーとなり、道中で倒した敵をアンデッドとして蘇生させ仲間(パーティ)に加えることができるぞ。
最大100体ものアンデッド軍団を操って、生者に奪われた領土を制圧しよう!

■特徴
・倒した敵をその場で蘇生させて仲間に加えよう!
・アンデッドは拠点で召喚することもでき、新たな敵を倒すことでアンロックされていくぞ!
・仲間アンデッドは、遠距離特化や近接特化など属性は様々。好みのユニットを構築しよう!
・敵を制圧すると武器やアクセサリーなどがランダムで手に入る。強力な装備で主人公やアンデッド軍団を強化できるぞ!
・拠点ではショップをアップグレードできる。様々な特殊効果を持ったアイテムも買えるようになる!

■開発会社について
アンデッドパーティ(原題:Undead Horde)は、フィンランドに拠点を置く10tonsが開発しています。10tonsは2003年からゲーム開発をしている歴史あるスタジオであり、カジュアルからコアゲーマー向けまで幅広いゲームタイトルをリリースしております。

© 2017-2021 10tons Ltd.
© 2021 Paradigm Shift Co., Ltd.

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋