TSUTAYA店舗による「2017年度 年間ゲームランキング」が発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TSUTAYA店舗による「2017年度 年間ゲームランキング」が発表されました。

以下、機種総合部門の完全なランキングです。

機種総合(2017年1月1日~2017年10月31日)

・「モンスターハンターダブルクロス」が2017年総合王者!ドラクエXIは2~3位
ゲーム全機種総合部門の2017年王者に、3DSのハンティングアクション「モンスターハンターダブルクロス」が輝いた。同作は「ゼルダの伝説」や「牙狼」など多くのコンテンツとコラボしたことでも話題を集めてきた。
次いで2位に「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の3DS版、3位にPS4版がランクイン。
そして4位に「Splatoon2」、5位に「マリオカート8 デラックス」とNintendo Switch作品が続いた。PSvitaの作品はトップ10入りならず、今後の奮起が期待される。
2018年は「モンスターハンター:ワールド」や「ディシディアファイナルファンタジーNT」「真・三國無双8」「北斗が如く」「十三機兵防衛圏」などの発売が見込まれている。2017年のトップ10とは様相がガラリと変わる可能性があり、覇権争いに注目だ。

●1位:モンスターハンターダブルクロス(3DS)
●2位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(3DS)
●3位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(PS4)
●4位:スプラトゥーン2(Switch)
●5位:マリオカート8 デラックス(Switch)
●6位:バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.(PS4)
●7位:ニーア オートマタ(PS4)
●8位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)
●9位:ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル(3DS)
●10位:スーパーマリオ オデッセイ(Switch)
情報源:TSUTAYA

10月31日までのランキングのため、11月~12月に発売されたソフトは集計外です。
10月27日に発売された『スーパーマリオ オデッセイ』は、集計期間が数日のため10位と低めの順位になっています。

MD松尾のヒット解析では、2017年1月1日~12月17日までの最新版ランキングが掲載されているのでこちらも紹介します。

機種総合(2017年1月1日~12月17日)
●1位:モンスターハンターダブルクロス(3DS)
●2位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(3DS)
●3位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(PS4)
●4位:スプラトゥーン2(Switch)
●5位:スーパーマリオ オデッセイ(Switch)
●6位:ポケットモンスター ウルトラサン(3DS)
●7位:ポケットモンスター ウルトラムーン(3DS)
●8位:マリオカート8 デラックス(Switch)
●9位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)
●10位:バイオハザード7(PS4)
情報源:MD松尾のヒット解析

次はSwitch&3DS部門のランキングです。
集計期間は、2017年1月1日~2017年10月31日です。

スポンサーリンク

ソフト部門

Nintendo Switch部門(2017年1月1日~2017年10月31日)

・今年話題の「Splatoon2」が1位獲得!「ゼルダ」新作は3位
年間1位を今回獲得したのは、7月21日に発売されたアクションシューティングゲーム「Splatoon2」だ。前作を上回るスケールで展開された同作は瞬く間にゲームファンの心をつかみ、国内では発売3日間で販売本数67万本を突破した。
オープンワールドを採用し、新境地を切り開いた「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は3位にランクイン。
部門全体の傾向としては、「Splatoon2」を含め、「スーパーマリオ オデッセイ」や「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX」「スーパーボンバーマンR」など多くのアクション系ゲームがユーザーに親しまれた。
また任天堂作品が1~6位を占め、本部門を席巻している。2018年は、任天堂の牙城を崩すメーカーが現れるのかどうか、注目だ。

●1位:スプラトゥーン2
●2位:マリオカート8 デラックス
●3位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
●4位:スーパーマリオ オデッセイ
●5位:ARMS
●6位:1-2-Switch
●7位:モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.
●8位:ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX
●9位:スーパーボンバーマンR
●10位:ファイアーエムブレム無双
情報源:TSUTAYA

任天堂ソフト以外では、Switchのローンチタイトルとして発売された『スーパーボンバーマンR』が健闘し、9位にランクインしてます。

最後に3DS部門の年間ランキングをどうぞ!

ニンテンドー3DS部門(2017年1月1日~2017年10月31日)

・「モンハン」最新作が貫禄の首位!ドラクエ作品も上位進出
3DS部門で今年1位に躍り出たのは、3月18日に発売がスタートしたカプコンの「モンスターハンターダブルクロス」。3DSだけで、売上本数160万本以上をマークした。
2位の「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」は、3DS版では往年の2Dのドット絵モードも採用してファンから好評だった。3位にはさらに「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル」も入り、ドラクエ人気の高さが証明された。
またRPG「ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王」が4位にランク付けされるなど、Nintendo Switch部門に比べて、シングルプレイで楽しむ作品がやや多い印象だ。
そして昨年11月の発売にもかかわらず、8位には「ポケットモンスター サン」、9位には「ポケットモンスター ムーン」がランクイン。
健闘してポケモン人気の根強さを見せた。

●1位:モンスターハンターダブルクロス
●2位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
●3位:ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル
●4位:ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王
●5位:スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS
●6位:スナックワールド トレジャラーズ
●7位:ドラゴンボールヒーローズ X
●8位:ポケットモンスター サン
●9位:ポケットモンスター ムーン
●10位:レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀
情報源:TSUTAYA

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク