Switch用ソフト『ビートダウンシティ コマンドファイターズ』が2021年7月1日に配信決定!


Nintendo Switch用ソフト『ビートダウンシティ コマンドファイターズ (Treachery in Beatdown City)』が、2021年7月1日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,800円(税込)に設定されていますが、2021年7月3日 23時59分までは割引価格の1,620円(税込)で購入することができます。

本作は、ジョークやパロディ要素が楽しい、ベルトスクロールアクションゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

格闘アクションゲーム+RPGの科学反応?
ジョークやパロディ要素が楽しい、ベルトスクロールアクション!

テロリストの「忍者ドラゴン」が、ブレイク・オラマ大統領を誘拐してしまった!大統領を救えるのは、私たちのヒーロー、「リサ・サンティアゴ」、「ブラッド・スティール」「ブルース・マックスウェル」の3人だけです! 舞台は、危険な街、イーストフルトン。主人公の3人を使い分け、汚職警察官や人種差別者、ヒップスター、この地域の地価を吊り上げようとする、怪しいビジネスマンたちと戦います。彼らと戦うには、RPGのようにメニューシステムを使い、FP(ファイトポイント)を消費し、リストにあるさまざまな攻撃パターンをターン制で選択します。攻撃には打撃、コンボ、掴み技があり、アクションが派手なものほどFPを消費します。充分なFPがあれば、メニューから選んだ3つの攻撃を繋げる事ができます。主人公たちはそれぞれ、ユニークな戦闘スタイルを持っており、スキルセットによる新しい技は、ゲームの進行に合わせて解放することができます。ジョークやパロディ要素も満載、ニヤリとするユニークなイベントシーンも登場します。

Treachery in Beatdown City © 2020 Nuchallenger LLC
Licensed to and published by Rainy Frog LLC.