Nintendo Switch版『東方幻想魔録W』が2019年2月7日に発売決定!東方Project二次創作RPG第二弾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


東方プロジェクト作品『東方幻想魔録W』が、Nintendo Switch向けとして2019年2月7日に発売されることがeショップページで発表されました。
販売価格は3000円(税込)です。

本作は、『東方蒼神縁起V』の苺坊主が手がける、東方世界を舞台にした東方Project二次創作RPG第二弾です。
PSVita向けとして2017年6月29日に、PS4向けとして2018年6月7日に発売されており、Switch版は移植作となります。

東方蒼神縁起V 東方幻想魔録W Wパック
メディアスケープ
売り上げランキング: 11,449

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

苺坊主の正統派本格RPG第二弾!
成長する仲間を装備する斬新な「式神システム」を採用し、式神総数は100体以上!

-神隠し-
幻想郷に夏と共に怪異が起こり始めた。

幻想郷から様々なものが、次々とその姿を消して行っているのだ。
それは妖精・人間等といった、生き物から始まり、果ては建物等といった、無機の存在にまで至る。
その正体不明の怪異に、戦慄が走っていく幻想郷。

これは異変なのか……?
謎の怪異に今、四人の人物が動き出す。

四人の主人公から一人を選び、幻想郷全土を巻き込んだ「神隠し」の異変を解決せよ!

「式神」と呼ばれる仲間は百人以上。
自分だけの式神の組み合わせで異変を解決に導こう!

下記にNintendo Switch版、およびPS版の紹介映像があるので興味のある方はチェックしてみてください。