Nintendo Switch版『東方スカイアリーナ』の発売が決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日2017年10月22日に開催された「東方紅楼夢」で、Nintendo Switch版『東方スカイアリーナ』の発売が発表されました。

『東方スカイアリーナ』は、同人サークルの領域ZEROが開発した東方Projectファンゲーム作品です。
3Dで描かれる幻想郷の各地を舞台に、幻想郷の住人総勢20キャラクターが、総曲数70トラック以上に及ぶバトルソングをバックに華麗な弾幕戦を繰り広げる3D対戦アクションゲームになっています。

元はPC向けとして発売されていて、2016年5月20日にはPS4に、翌年9月14日にはPSVitaに移植されています。
以下、PSVita版の紹介映像です。

先月9月8日には、同人ゲームを家庭用向けに移植しているPlay,Doujin!が公式サイト「プロジェクトサポーター・ZUNさんの協力・許諾の元、東方ファン作品を含めた「Play,Doujin!プロジェクト」の展開を「Nintendo Switch」にも拡大していくこととなりました。」と述べ、第1弾タイトルとして2017年11月2日に『東方紅舞闘V』を発売することを発表しました。
これに続く形で、『東方スカイアリーナ』が発売される形になるようです。

Switchにどんどん東方ゲームが集まってきていますね。
東方ファンには朗報と言えそうです。

スポンサーリンク