Switch用ソフト『ティンバーマン VS エディション』が2018年11月1日に配信決定!200円で遊べる木こりアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『ティンバーマン VS エディション』が、2018年11月1日に配信されることが決定しました。
販売価格は200円(税込)です。

本作は、木こりとして木をひたすら切っていく、アーケードスタイルのアクションゲームです。
途中の障害物に当たるとミスとなります。
音ゲーの要領で、テンポよく切っていくことが攻略のコツです。

最大4人によるマルチプレイにも対応しており、みんなで一緒に遊べます。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

障害物を避けながら、切って、切って、切りまくれ!
最大4人までの対戦も楽しめる、シンプルアクションゲームの決定版!
プレイヤーは「Timberman(木こり)」となり、木や土管、タイヤなどをひたすら切りまくります。操作方法は非常にシンプル。LとRボタンをできるだけ早く押すと、プレイキャラが右、左、右、左と切り続けていきます。但し、切るごとに上から、枝などの障害物が次々と落ちてきますので、タイミングよく避けましょう。ハラハラドキドキが止まらない、緊張感いっぱいのアクションが楽しめます。Joy-Conに加え、Nintendo Switch本体の画面に直接タッチしても遊べます。切った木や土管の数に応じて、レベルアップや経験値があがり、たくさんのユニークなキャラクターをアンロックすることができます。お好みのキャラでプレイを楽しむことができます。お一人でも、またお友達と対戦でも、最大4人までお楽しみ頂けます。シンプルな操作がクセになり、何度も繰り返しプレイしたくなる、プレイヤーの反射神経が試されるゲームです。

▼ゲームモード
「クラシック」(1~4人プレイ)
制限時間内に木を切りまくり、ベストスコアを目指すモードです。最大4人までプレイできます。木を切るたびに、制限時間が延長されますが、操作に迷い止まったままでいると、時間が減り続けます。

「ヒーロー」(シングルプレイ)
3つの難易度から一つを選び、決められた高さの木を制限時間内に切り倒すモードです。

「レース」(1~4人プレイ)
1人から4人まで楽しめるモードです。ステージと木や土管の高さを選択し、誰が一番早く切り倒せるかを競います。

「オンラインランキング」
お友達はもちろん、世界中のプレイヤーとベストスコアを競いましょう。

スポンサーリンク