Switch版『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』が韓国のゲーム管理委員会から評価される!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ (Thronebreaker: The Witcher Tales)』が、韓国のゲーム管理委員会から評価されました。

現時点で正式発表はありませんが、これが事実であればSwitchでリリースされることになるでしょう。

なお、これはCSVファイルによるものであり、分類はWebサイトから隠されているため信憑性には注意が必要です。

本作は、ポーランドのゲームスタジオCD Projekt REDによって開発された、「ウィッチャー」シリーズのスピンオフ作品となるカードバトルRPGです。
昨年後半にPCとPS4,Xbox One向けにそれぞれリリースされました。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

「ウィッチャー3 ワイルドハント」の制作陣がお贈りする、新たなRPG ― 漆黒の軍団による侵略を目の当たりにしたライリアとリヴィアの女王メーヴは、自ら剣を取り、これに相対することを決断する。そうして彼女の破壊と復讐の旅路が始まるのだった。

『奪われし玉座』は、ウィッチャーの世界を舞台にした一人プレイ用カードバトルRPG。物語主導の探索と、ユニークなカードバトルを組み合わせた冒険がプレイヤーを待ち受ける。

「ウィッチャー3 ワイルドハント」で数多くの名シーンを生み出した開発陣の手によって、北方諸国のライリアとリヴィアを統べる女王、メーヴの壮麗な物語が紡ぎ出される。目前まで迫るニルフガード軍の侵攻に対し、再び戦場に降り立つことを決意するメーヴ。こうして長きにわたる破壊と復讐の旅路が始まるのだった…

【ゲームの特長】
■全く新しい物語
・30時間以上に及ぶ壮大な物語。プレイヤーの選択に応じたエンディング時の世界情勢は20通り以上
・思慮深い判断を要求するクエストに満ちた、広大な世界
・時に困難な選択を通じ、プレイヤー自身の手で物語の結末を導き出そう
・数々の個性豊かなキャラクター達が登場。そのなかにはメーヴ女王の旅を助ける者もいれば、戦場で敵対する者もいる

■まだ見ぬ世界を冒険
・謎と怪物に溢れる、新しい「ウィッチャー」の世界を探索
・北方諸国の片田舎、戦争によって荒れ果てた地域、巨大な城や、雪に覆われた山脈…それぞれにテーマを持った数々の地域を旅しよう
・怪物の群れから村を救い、財宝を求めて古代遺跡を探索し、資源を集めて部隊や野営地をアップグレードしよう。『奪われし玉座』の世界には、無数のアクティビティが溢れている

■戦に備えよ
・自軍の野営地を強化し、自由にカスタマイズ
・ユニットを訓練し、新たなスキルをアンロックして戦略を組み立てよう
・手に入れた資源を有効に活用し、地域の商人と取引
・仲間と絆を深め、戦場での彼らの能力を最大限に発揮させよう

■激しい戦闘で部隊を導け
・道中で出会ったキャラクターを使って部隊を編成
・ストーリーバトルに挑戦し、ユニークなパズルや試練を乗り越えよう
・自軍のスキルとアビリティを上手く使って、バトルに勝利

■「奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ」購入特典
・「奪われし玉座」の公式サウンドトラック
・ダークホース社製「グウェント ウィッチャーカードゲーム」アートブック
・ライリアのマップを含む、コンセプトアート集
・コミック「ウィッチャー 2 FOX CHILDREN」(英語版)
・Steam版「The Witcher: Enhanced Edition Director’s Cut」

情報源:Nintendo Soup

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク