Switch版『Thief Town』が海外向けとして2020年2月11日に配信決定!ローカルマルチプレイヤーステルスアクションゲーム


Nintendo Switch版『Thief Town』が、海外向けとして2020年2月11日に配信されることがパブリッシャーのSkymap GamesとデベロッパーのRude Ghostから発表されました。
販売価格はUSD 7.99に設定されています。


『Thief Town』は、Wild Westをピクセル単位で完璧に再現した、Switchにピッタリのローカルマルチプレイヤーステルスアクションゲームです。
友だちと遊んで、裏切り者の勝利を勝ち取りましょう。

最大4人のプレイヤーが、他の同一のNPCで満たされたシングルスクリーンアリーナ(Town)で同一のアバター(「泥棒」)を制御します。
プレイヤーは、自分自身が発見されて刺される前に、どのNPCが密かに他のプレイヤーであるかを特定し、それらをポイントで突き刺さなければなりません!

【特徴】
■競争力のある2~4人のプレイヤーの戦い – 相手を探して突き刺しながら泥棒と混ざり合います。
■複数のモードとアイテム – 銃、煙爆弾、酔っぱらい、sheriffs、砂嵐、killer tumbleweeds

【ゲームモード】
■Thief Town – 古典的な裏切りの冒険。プレイヤーは変装し、砂嵐とkiller tumbleweedsの中で仲間を刺します。
■Spy Town – プレイヤーには敵の泥棒をだまして捕まえるアイテムが与えられます。煙爆弾、モーション・ディテクター、テレポーテーションデバイス…注意。これらは一度しか使用できません。
■Drunk Town – ランダムに選択された1人のプレイヤー(sheriffs)は、弾丸を使い果たす前に、他のナイフのない酔っぱらいを識別して撃つ必要があります。

経由:Nintendo SoupNintendo.com