Switch版『Thief Simulator』が海外向けとして発売決定!泥棒になりきる一人称視点の泥棒シム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Thief Simulator』が、海外向けとして発売されることがパブリッシャーのForever Entertainmentからアナウンスされました。
発売日は発表されていませが、もうすぐ登場します。


本作は、インディーデベロッパーNoble Muffinsが開発を手がける、泥棒になりきる一人称視点の泥棒シムです。

最新のデバイスでターゲットの家や隣の家の情報を収集し、計画を立てて、侵入して、そして盗みましょう。
このゲームならば、誰でも泥棒になりきることができます。

侵入したら、警察や住民に見つかる前にできるだけ速く貴重品を手に入れてください。
実際同様、ピッキングなどのテクニックが必要になることもあります。

お金になるものから、そうではないもの。
お金になっても盗むのに時間がかかるものなど、家にはさまざまなものが置いてあります。
どれを盗むかはプレイヤー次第です。

もし警察を呼ばれてしまったら、遠くまで逃げるか、見つからないところに隠れてください。

なお、現時点でSwitch版が日本で配信されるかは分かりませんが、PC(Steam)版は日本語字幕&インターフェースをサポートしています。