Switch版『火吹山の魔法使い』の提出が完了!発売に向けて一歩前進

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年初夏に入る前くらいにリリース予定となっていたNintendo Switch版『火吹山の魔法使い』ですが、提出が完了したことがChorus Worldwideからアナウンスされました。
発売に向けて一歩前進したとのことです。

なお、黄金週間にはどう考えても間に合わないと前のツイートで報告されていることから、ゴールデンウィーク中にリリースされることはないでしょう。

正式な発売日が決まった際にはすぐにお知らせします。

本作は、ゲームブックの元祖とも呼ばれる”ファイティング・ファンタジー”シリーズの第1巻「火吹山の魔法使い (1982年)」を元にした、テーブルトークRPG風のシミュレーションゲームです。

ダンジョン探索をメインにしていて、戦闘は戦略眼が必要となるシミュレーションRPG風になっており、原作ゲームブックそのままのプレイ感で楽しむことができます。

また、実際のフィギュアを3Dスキャンした、リアルなフィギュアキャラクターがゲーム内に登場するのも特徴の一つに。
ヒーローやクリーチャーなど、100種類以上のキャラクターが登場します。

スポンサーリンク