Switch版『火吹山の魔法使い』が2019年3月に配信決定!「火吹山の魔法使い (1982年)」を元にしたシミュレーションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『The Warlock of Firetop Mountain (火吹山の魔法使い)』が、2019年3月に配信されることが今日発売の週刊ファミ通 2019年1月24日号で発表されました。
販売価格は2,980円(税込)です。

昨年9月に海外で配信されたタイトルになりますが、少し遅れて国内でもリリースということになりそうです。

週刊ファミ通 2019年1月24日号
KADOKAWA (2019-01-10)

本作は、ゲームブックの元祖とも呼ばれる”ファイティング・ファンタジー”シリーズの第1巻「火吹山の魔法使い (1982年)」を元にした、テーブルトークRPG風のシミュレーションゲームです。

<追記>
ファミ通では本作のジャンルがアクションと表記されてました。
また、テーブルトークRPG風という表現もあったので、シミュレーション・アクションRPGと当ブログでジャンルを設定しました。
(3つの要素を含んだゲームという意味です。)

ただ、アクションRPGではなく、Chorus Worldwideによると「原作のゲームブックに沿ってプレイヤーの的確な判断とダイス運、そして戦闘では戦略眼が必要となるゲームです。」ということなので、念のため当ブログのアクションRPGという部分を消去させて頂きました。

ダンジョン探索をメインにしていて、戦闘はシミュレーションRPG風になっており、原作そのままのプレイ感で楽しむことができます。

また、実際のフィギュアを3Dスキャンした、リアルなフィギュアキャラクターがゲーム内に登場するのも特徴の一つに。
ヒーローやクリーチャーなど、100種類以上のキャラクターが登場します。

火吹山の魔法使い ファイティング・ファンタジー (現代教養文庫)
スティーブ・ジャクソン イアン・リビングストン
社会思想社
売り上げランキング: 383,720

開発を手がけているのはTin Man Gamesで、国内ではChorus Worldwideがパブリッシャーとなります。

近いうちに公式発表があるはずです。

スポンサーリンク