Switch版『The Red Strings Club』が海外向けとして2019年3月14日に配信決定!サイバーパンクなバーテンダーADV

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『The Red Strings Club (レッド・ストリングス・クラブ)』が、海外向けとして2019年3月14日に配信されることがパブリッシャーのDevolver Digitalからアナウンスされました。
米国での販売価格は$14.99に設定されています。


本作は、スペイン・バレンシアを拠点とするデベロッパーDeconstructeamが開発を手がける、サイバーパンクなアドベンチャーゲームです。
バーテンダーADVの『VA-11 Hall-A』を豊富とさせますが、ストーリーの方向性は異なります。

もともとPC向けとして配信されていたもので、PC版は架け橋ゲームズによって日本語ローカライズされています。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

『レッド・ストリングス・クラブ』は運命と幸福の姿を、サイバーパンクの世界の中で紡ぎ出す物語です。
プレイヤーは人間を改良するツールを作成し、バーテンダーとして客の物語を引き出し、他人を偽って電話をコールすることで企業の陰謀に挑んでいきます。

人類の幸福を謳う企業「スーパーコンチネント社」は、うつ病や怒りや恐怖を社会から消し去るシステム「ソーシャル・メンタル・ケア」を世の中に解き放とうとしていた。
しかし謎めいたクラブのバーテンダーとフリーランスのハッカーは、それは人類の進化ではなく、単なる洗脳に過ぎないと考える。事情を知らない企業の従業員や、欠陥品と定義された”共感”アンドロイドと共に、2人はスーパーコンチネント社の計画を葬るべく様々な糸を紡ぎ始める…

サイバーパンクスリラーという形で語られる物語
幸福とはなにか? 人の精神はどこまでコントロールすることが許されるのか?
様々な人物と議論を交わしつつ、完全なる幸福を約束する謎の企業の計画を突き止めましょう。

バーテンダーとして客の心理を読み取る
客のムードを察知し、その感情に訴えかけるカクテルを調合することで、スーパーコンチネント社の計画を止めるために必要な情報を引き出すことができます。

遺伝子改良インプラントを作成
高度な旋盤を使ってインプラントを作成し、企業の重役たちの信条や方向性を変化させることができます。

音声合成を用いた潜入作戦
「ソーシャル・メンタル・ケア」計画における重要人物の音声を用いることで、企業内の思惑を操り、彼らの計画の正体を暴いていきます。

<PS4版>

<Switch版>