Switch版『The friends of Ringo Ishikawa』が海外向けとして発売決定!「くにおくん」から影響を受けたファミコン風のアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『The friends of Ringo Ishikawa』が、海外向けとして発売されることがパブリッシャーのCircle Entertainmentからアナウンスされました。
配信日・販売価格は発表されていません。

本作は、ロシアのインディー開発者yeo (Vadim Gilyazetdinov氏)によって開発された、レトロスタイルのアクションゲームです。
「くにおくん」から強い影響を受けており、紹介映像を見てもらえばそれがよく分かります。

高校の不良生活を主軸にしたストーリー、ベルトスクロールアクションの戦闘システム、シム要素を含むオープンワールドなどを特徴としています。
不良同士の喧嘩・抗争だけに焦点を当てたものではなく、人としての成長、生活、親友との物語などストーリーを感じて欲しいとのことです。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。
他にもいろいろ。

高校3年の最後の秋。不良グループのリーダー、石河倫吾はその親友”マブダチ”たちと共に過ごしていく。
もし以下に興味があるなら、是非この体験を手にしてみてください!

1) 対話で読み解く良き”成長物話”
2) ベルトスクロールアクションの戦闘システム(多彩でユニークな戦闘を約束します!)
3) 古き良き不良の美学があります。

基本的には、学生生活をどのように楽しむかというシム要素を含むオープンワールド形式のゲームです。
昼夜1日のサイクルの中で、探索する町があり、NPCはその時間帯で行動しています。戦闘スキルを高めたり、真面目に学校で勉強したり、ミニゲームで時間をつぶしたり(ピンポン、ビリヤード、ビデオポーカー、TVゲーム…)、そのスタイルは様々です。

しかし、私が伝えたいこと、それはストーリーです。物語を感じること、私はそのようにゲームをデザインしています。
だからこれはただの不良グループのライバルや抗争についての物語ではありません。
ただそこで生活し、感じて欲しい。それだけです。

GameSparkでは開発者へのインタビューが掲載されています。
興味のある方はこちらからチェックしてみてください。

こちらのIGN Japanではプレイレポートも掲載されています。

ジェネレーション3 Retro-bit GENERATIONSⅢ
JNNEX
売り上げランキング: 15,694