Switch版『The Dark Eye: Memoria』が2021年3月18日から配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『The Dark Eye: Memoria』が、2021年3月18日から配信開始となりました。
販売価格は2,390円(税込)に設定されています。

本作は、『The Dark Eye: Chains of Satinav』の続編になる、ポイント&クリックタイプのアドベンチャーゲームです。

以下、任天堂公式サイトから『The Dark Eye: Memoria』の概要です。
※本作は日本語に対応していません。

2つの物語、2人の主人公、1つの壮大な体験

2つの物語、2人の主人公、1つの壮大な体験。Memoriaの世界で、プレイヤーは異なる時代を旅しながら対照的な2人の人物と行動をともにします。 一人は、戦場の英雄となることを夢見る南国の姫君サジャ。もう一人は、恋人にかけられた呪いを解くために奮闘する鳥刺しのゲロン。 このゲームでは、ポイント&クリックでのゲームプレイと独特の魔法スキルが融合されています。

南国の姫サジャは、歴史に残る偉大な英雄になるという夢をかなえるために、アバンチュリア史上最大の戦いに参加して大いなる勝利を得ようとします。 それは、住む者もいない過酷な砂漠地帯の真中で勃発したマギの戦いでした。
鳥刺しのゲロンは大戦が終わってからほぼ450年のあいだ生き延びてきました。 彼には永遠の愛を誓った恋人ヌリがいましたが、彼女は邪悪な呪いによってカラスの姿に変えられてしまいます。 彼女を人間に戻すため、ゲロンは魔力を操る謎の商人ファヒの助けを借りようとします。 しかしファヒには一つ条件がありました。彼が夢で見たあるパズルをゲロンが解けば助けてくれるというのです。 パズルの答えを探すうちに様々な出来事が起こり、それらはサジャとゲロンの物語を交互に結びつけながら、長い間忘れ去られていた忌まわしき過去の残響を現代に呼び起こしていきます。

Memoriaは、ポイント&クリックでのアドベンチャーゲームに、ファンタジーのジャンルで最も成功したRPGの一つである『The Dark Eye』の特徴を取り入れています。 ポイント&クリックでアドベンチャーを楽しみながら様々なパズルを解くゲームプレイが、魔法要素と賢く会話好きの脇役たちを加えることで独特の進化を遂げました。 8つの章を通して、プレイヤーはサジャとゲロンの運命にまきこまれ、知らぬ間に2人のストーリーを結びつけながら500年におよび壮大な時間を繋いでいくことになります。 Memoriaのそれぞれの章では、豪華なグラフィック、壮大な景観、幻想的なクライム・ストーリー、個性的なパズルが展開されます。

• プレイヤーをゲーム世界に深く引き込む高品質なボイスと壮麗で幻想的な音楽。
• 『The Dark Eye』の世界に飛び込んで、種々の神秘的な場所(例えばドラゴンによって建てられた古の寺院ドラコニア)を探検できます。
• 2人の個性的な主人公が繰り広げる2つの異なる時代の物語に浸ることができます。
• 流麗な手描き2D背景画、そして高品質3D映像で描かれるキャラクターたち。
• 「The Dark Eye」のクリエーター達から、 Chains of Satinav、The Whispered World、Deponiaを継承。

© 2020 Daedalic Entertainment GmbH. The Dark Eye is published under license of Chromatrix GmbH. The Dark Eye is a registered trademark of Significant Fantasy Medienrechte GbR. Memoria, the Memoria-Logo and the Daedalic-logo are trademarks of Daedalic Entertainment GmbH. All rights reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする