中国におけるNintendo Switchの販売台数が年初来で130万台を突破!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国におけるNintendo Switchの正規とグレーマーケットを通じた販売台数が、年初来(2020年)で130万台を突破したことがゲーム市場調査会社ニコ・パートナーズによる情報源で明らかになりました。
これは、同期間のソニー「PS4」とマイクロソフト「Xbox One」の合計販売台数の約2倍の数字になるとのこと。

また、Switchの同国での累計販売台数は400万台近くとなっているようです。

中国本土では2019年12月10日に「Nintendo Switch」が正式に発売されており、ソフトでは現在、ローンチタイトルの『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』に加えて『マリオカート8 デラックス』や『スーパーマリオ オデッセイ』、『リングフィット アドベンチャー』といった任天堂タイトル、そしてサードパーティタイトルの『Iris.Fall』や『eSports レシェンド』などが利用可能です。

中国では『リングフィット アドベンチャー』の人気が高いようで、Switchの売り上げを大きく押し上げたタイトルとのこと。

情報源:ブルームバーグブルームバーグ (英語)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする