Nintendo Switchはクラウドセーブ機能に対応している可能性がある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IGNによると、Nintendo Switchはクラウドセーブ機能に対応している可能性があるようです。

RedditのユーザーであるPatsuannはNintendo Switch本体を修理に出したが、任天堂から戻ってくると不思議なことを発見した。アカウントはそのままになっているのに、ゲームのセーブデータが消えていたという。だが、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を起動しようとすると、ゲームタイトルの横に小さな雲のアイコンを発見した。

Switchは本体アップデートを推奨した。ダウンロードが完了すると、すべてのセーブデータが本体のメモリーに戻っていた。Patsuannはこの過程を写真で紹介しているので、確認してほしい。
情報源:IGN Japan


「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のセーブデータを取り戻すための雲のようなアイコンが出ています。


「Some necessary data could not be found. It will be downloaded now.」
「必要なデータが見つかりませんでした。ダウンロードが開始されます。」
と表示されています。

以下、動画です。

現在のところ、クラウドでデータを転送できるのは任天堂だけです。
個人で利用することはできません。

クラウドセーブ機能を発見したPatsuannはSwitch本体を修理してもらったのであり、新しい本体を購入したわけではないので、どこまでデータ転送が可能かは不明だ。Switch本体を修理するとき、データ転送が頻繁に行われるか否かもわかっていない。IGNはこの件について任天堂に問い合わせている。

Nintendo Switchのオンラインサービスは現時点では無料だが、年内に有料化する予定だ。オンライン対戦の他、ボイスチャットや1カ月ごとにダウンロードできる無料タイトルなどがあるが、クラウドセーブ機能も含まれるかもしれない。
情報源:IGN Japan

SONYは、有料サービスのPS Plus加入者限定で、セーブデータお預かり(オンラインストレージ)サービスを提供しています。
PS4 / PS3 / PS Vita 規格ソフトウェアのセーブデータをオンラインストレージにバックアップすることができます。
定期的にバックアップしておけば、データが破損したときでもバックアップ時点から復活でき、かなり便利な機能になってます。

任天堂も今後、こうしたサービスを提供していくことは考えられるでしょう。
Nintendo Switchでは有料のオンラインサービスが2017年秋から開始予定です。
IGNでは、クラウドセーブ機能もオンラインサービスに含まれるかもしれない。と指摘しています。

ニンテンドースイッチを購入
Amazon
楽天市場
セブンネットショッピング NintendoSwitchで検索

スポンサーリンク