Switch本体が10時間以上稼働可能な非公式専用バッテリー「SwitchCharge」がIndiegogoでキャンペーンを実施中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch向けの非公式アクセサリー「SwitchCharge」が、クラウドファンディングでキャンペーンを開催しているようです。
以下、AUTOMATONさんより。

イギリスに拠点を構えるInDemand Designは、IndiegogoにてNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けの非公式アクセサリ「SwitchCharge」のクラウドファンディングキャンペーンを実施中だ。「SwitchCharge」はNintendo Switch専用のモバイルバッテリー。Nintendo Switchの携帯モードでゲームをプレイしていると、思ったよりも早くバッテリーが消耗していたというのはよくある話だろう。特に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はマシンパワーをフルに使っている影響か、特に電池の消費が激しい。そんなプレイヤーのために開発されているのが、この「SwitchCharge」というわけだ。開発者はNintendo Switchを愛するがゆえにこの製品の開発を決意したのだという。
情報源:AUTOMATON

「SwitchCharge」はNintendo Switch専用のモバイルバッテリーで、Switchのバッテリーに関する不安を解消してくれるものになっています。

12000mAhという大容量バッテリーを採用していて、通常のバッテリーに加えて最大12時間以上、ゲームを遊ぶことができます。
参考までに、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』なら10時間40分、『1-2-Switch』なら12時間55分連続稼動可能です。
バッテリーに関して不満を感じているユーザーにとっては魅力的なアイテムになるかもしれません。

このバッテリーはNintendo Switchの後ろ部分に取り付ける装着型のため、遊びながら充電できるのも大きなポイントです。
安定してNintendo Switchを立てられるスタンドや、2つのゲームソフトを保管するスロットも備え付けらています。
快適性もかなり良さそうな感じがしますね。

バッテリーの厚さは2.6センチ、重さは390グラムです。
多少重さを感じるものの、これだけ大容量のバッテリーということを考えれば許容範囲でしょう。

最大容量まで充電するには約3時間かかるとのこと。

不安なところはやはり非公式という点でしょうか。

バッテリーは電気を使うものなので、発熱などのトラブルが起きないか心配になりますね。
また海外向け商品のため、日本で使うのも不安が残ります。

「SwitchCharge」は、75ドル以上の出資で購入できます。
送料は別途かかるようです。
配達対象地域は世界で、日本も対象です。
※実際に注文できるか確認したわけではありません。

当然、日本でも問題なく使えるかは現時点で分かりませんのでご注意ください。

4月6日 19時現在で、53,520ドル、643人の支援者が集まっています。
目標金額は80,000ドルとのことです。
すでに67%の支援金が集まっているようなので、目標額に達成しそうな感じです。

詳しくは、Indiegogoのキャンペーンページをご覧ください。

ニンテンドースイッチを購入
Amazon:NintendoSwitchストア
楽天ブックス:NintendoSwitchストア

スポンサーリンク