肉塊のようなキャラが主人公の2Dアクションゲーム『Super Meat Boy』がNintendo Switchで発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『The Binding of Isaac』のエドモンド・マクミラン氏が開発を手掛ける『Super Meat Boy』が、Nintendo Switchで発売されることが分かりました。
公式Twitterで発売が発表されています。

本作は、2010年12月にXbox360やPC向けに発売されたファミコン時代を彷彿とさせる2Dアクションゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページより。

Super Meat Boyは動く肉塊のような主人公が、彼女(体は包帯で構成されている)を悪党(タキシードを着た瓶詰めの胎児)から救出する骨太かつ硬派なプラットフォーマーです。

壁から壁へとジャンプし、丸ノコの海や崩れる洞窟、棄てられた注射針の山を超えて、最愛の女性を助け出すのが我らがヒーローのMeat Boyに課せられた目的です。Super Meat Boyはロックマン2(Mega Man 2)、魔界村(Ghosts n’ Goblins)やスーパーマリオブラザーズ2といったファミコン世代のゲーム特有の高い難易度と、運に左右されづらい反射神経とスキル重視のゲームプレイを持っています。

病院、塩工場や地獄など序盤から難しく、後半になると心が折れそうなほど過酷なステージを駆け抜けましょう。300以上のシングルプレイヤー用マップに加え、ボス戦やマップエディター、ワープゾーンや隠しキャラといった様々な追加要素が用意されています。

<特徴>
▼5つ以上の章、300以上のマップから構成されたストーリーモード
▼Half-lifeのHeadcrabとしてプレイ可能(Steam限定!)
▼33個のSteam専用の実績
▼他のゲーム世界へ飛んでしまうワープゾーン
▼Minecraft、Bit.Trip、VVVVVV、Machinariumといった有名インディーズタイトルの主人公を含む、16人以上のアンロック可能なキャラクター
▼壮大なボス戦
▼マップエディターとカスタムマップ用のポータル(2011年1月公開予定)
▼感動のあまり泣き寝入りして、そのまま永眠してしまうほどのストーリー構成

いわゆる死にゲーになっていて、何度も何度もやり直してクリアを目指していくタイプのゲームになっています。
ただリトライがすぐにできるので大きなストレスにはならず、非常にテンポよくプレイすることが可能のようです。

以下、PC版のトレイラーです。

なお、Switch版『Super Meat Boy』の発売時期については未定です。
日本語への対応も現時点では未定です。

ただ、公式Twitterが「私たちがSuper Meat BoyのSwitchバージョンを作ったら… Nicalis(発売元)はそれを小売に持っていくべきですか?」というアンケートを取っていたので、パッケージ版が発売される可能性は高そうです。

スポンサーリンク