Switch用ソフト『サマースウィートハート』でFalcomの曲を無断で使用していたことが判明!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年10月17日より配信開始となったNintendo Switch用ソフト『サマースウィートハート』ですが、Falcomの曲を無断で使用していたことが判明しました。

これを受けて、公式Twitterアカウントにて謝罪文が掲載されています。

【謝罪文】
この度は弊社が『』にて falcom 社様の曲を無断で使用してしまい、誠に申し訳ございませんでした。
弊社開発チームのスタッフ一同、falcom 社様の楽曲が大好きで、また、falcom 社様への著作権に関するご案内においては認識に誤りがあった為、このような事案が発生してしまいました。
こちらに関しては弊社の瑕疵です。
弊社の開発チームも大変悔いており、申し訳ない気持ちで一杯です。
なるべく早急に該当BGMをゲーム内より削除し、本件を解決させて参りたいと思いますので、ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
また、falcom 社様からのご連絡をお待ち申し上げます。

皆様よりたくさんのご助言をいただき誠に有難うございました。
改めまして、心よりお詫び申し上げます。

風雲


この問題についてはTwitterで複数の方から指摘されていて、それによると『イース・オリジン』の「So Much for Today」という曲を使用しているとのこと。

「So Much for Today」の曲は下記から確認することができます。

これに加えて、『英雄伝説 零の軌跡』の曲も使用されていたそうです。

日本ファルコムは「多くの人々にファルコムの音楽を楽しんでもらいたい」というという気持ちから、ファルコム音楽フリー宣言を2009年に発表していて、楽曲利用規約を遵守さえすればすべての楽曲を自由に利用することが可能でした。
しかし、禁止事項第4条は”有償又は無償を問わず、ゲームコンテンツに利用する行為。”とあり、これをよく読まずに使用したのが今回の原因であると考えられます。

「falcom 社様への著作権に関するご案内においては認識に誤りがあった為、このような事案が発生してしまいました。」と謝罪文にあるため、それは明白です。

なお、記事投稿時点では配信の取り下げはなく、eショップの配信ページにアクセスすることが可能であり、今後については「なるべく早急に該当BGMをゲーム内より削除し、本件を解決させて参りたい。」と謝罪文で述べられています。

参考:Automaton

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク