Switch版『Stranded Sails: Explorers of the Cursed Islands』の国内配信日が11月7日に決定!『牧場物語』等から影響を受けたオープンワールドの農業アドベンチャー

スポンサーリンク


Nintendo Switch版『Stranded Sails – Explorers of the Cursed Islands』の国内配信日が、2019年11月7日に決定しました。
販売価格は2,570円(税込)ですが、2019年11月20日 23:59までは割引価格の2,184円(税込)で購入することができます。

※国内ではPS4版も日本語に対応予定です。

本作は、『牧場物語』や『ゼルダの伝説』、『きみのまち ポルティア (My Time At Portia)』などから影響を受けた、オープンワールドの農業アドベンチャーゲームです。
農業だけではなく、農業と探索の両方に焦点が当てられています。

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

クルーと協力して新しい船を造りあげよう!
呪われた島からの脱出を目指すアクションアドベンチャー

『Stranded Sails: Explorers of the Cursed Islands』は、オープンワールド型の冒険を楽しめるアクションアドベンチャーゲームだ!

嵐に見舞われて不思議な群島に漂着してしまったキミは、船長の子として生き残った人たちと一緒にキャンプを立ち上げよう!

残っている食料は限られているからキミの手で作物を育てることも必要だ。
農場を発展させれば、みんなに食べ物を渡して幸せにできるよ!
元気になったクルーは、重要なツールのアップグレードや島の便利な近道を教えてくれるはずだ。

新しい生活を作りながらこの島に秘められた謎を解き明かし、キミの手で新しい船を造りあげて脱出を目指そう!

<ゲームの特徴>
◆みんなで協力しながら生活していこう!
島でバラバラになってしまっているみんなを助けよう!
農場を大きくしたり、料理をしたり、新しい施設を建てたり…
キャンプを大きくしてクルーの生活をハッピーにしていけば、さまざまなクエストを受けることもできるぞ!

◆いろいろな島を探検しよう!
1つの島で生活を立て直したら、他の島へと冒険してみよう。
新しい島では違う植物や素敵な財宝を見つけることができるはず!
そして、この呪われた群島の秘密を1つずつ解き明かすことが、新しい船を造ってみんなで脱出する道へとつながっている…!