【朗報】Switch版『SteamWorld Dig 2』はSteam版の10倍売れる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


海外では2017年9月23日に、国内では11月23日から配信されているNintendo Switch用ソフト『SteamWorld Dig 2』ですが、Switch版がSteam版の10倍の数が売れたことがデベロッパー&パブリッシャーImage & FormのCEOであるBrjánn Sigurgeirsson氏から語られました。
同スタジオ史上もっとも成功したローンチになったとも話しています。

具体的な数については言及されていませんが、AUTOMATONによれば20万本以上売れたと考えても良いとのこと。
そしてさらにAUTOMATONは、「『スチームワールド ディグ2』は高い評価を獲得していることから、この数字はクチコミによりさらに伸びていくことが期待される。」と指摘しています。

同番組では『Wonder Boy: The Dragon’s Trap (ワンダーボーイ ドラゴンの罠)』を手がけたOmar Cornut氏も出演して、Switch版の売り上げが10万本になったことを明かしました。
これは、他の機種の合計を上回る数字となっています。

『Oceanhorn』や『Wonder Boy』はSwitch版が一番売れたとすでに言及されていましたが、今回は具体的な数が判明した形になりました。

全てのゲームではないにせよ、いくつかのインディーズ企業はSwitchの恩恵を受けているようですね。

情報源:AUTOMATON

スポンサーリンク