『Baldur’s Gate』『Baldur’s Gate II』&『Siege of Dragonspear』&『Icewind Dale』&『Planetscape Torment』&『Neverwinter Nights』がコンソール向けとして発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


パブリッシャーのSkybound GamesとデベロッパーのBeamdogは、コンソール向けとして古典的RPG『Baldur’s Gate』『Baldur’s Gate II』『Siege of Dragonspear』『Icewind Dale』『Planetscape Torment』『Neverwinter Nights』の拡張版(Enhanced Edition)をリリースすることを発表しました。
発売時期は、2019年が予定されています。

PlayStation 4、Xbox One、およびNintendo Switchでタグ付けされていますが、特定のプラットフォームは発表されていません。
プラットフォームとボックスの内容に関する詳細は、今後数ヶ月以内に発表される予定です。

3月28日から31日まで、Beamdog Gameの一部タイトルがPAX East 2019のSkybound Gamesブースで展示される予定です。

一つ一つは難しいので、下記に『Baldur’s Gate: Enhanced Edition』のみの概要を掲載します。
以下、Steamの商品紹介ページより。

1998年に1作目が発売されて以来、「バルダーズ・ゲート」 シリーズは世界中の何百万人ものファンに愛され、数多くの賞を受賞してきました。
謎、陰謀そして冒険に溢れたこの古典的大作は、テーブルトークRPG 「ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ」のコンピューターゲーム化作品のスタンダードと呼べる作品です。

Infinity Engineの改良・改善版を採用した Baldur’s Gate: Enhanced Edition™ には初代 「バルダーズ・ゲート」およびその拡張パック 「テイルズ・オブ・ザ・ソードコースト」を丸ごと含み、さらに完全新規のコンテンツとして新作シナリオと、3人の仲間NPC(カリムシャンのモンクであるラサード・イン・バシール、ワイルドメイジのニーラ、そして邪悪なブラックガードのドルン・イル‐カーン)が追加されています。

<主な見どころ>
■新作シナリオ 「ブラック・ピット」
■新仲間NPC:ドルン・イル-カーン
■新仲間NPC:ワイルドメイジのニーラ
■新仲間NPC:ラサード・イン・バシール
■プレイヤーキャラクター用ボイスセットを追加
■高解像度のワイドスクリーン表示に対応
■リメイク元作品に400箇所以上の改善・修正
■改良版マルチプレイモード(近日中のアップデートで全機種間での相互接続に対応予定)

情報源:Gematsu

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク