『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメットエディション』はPC版よりも質の高いローカライズを目指して調整を行う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年春にNintendo Switch&PS4で国内発売されるアクションゲーム『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメットエディション』の開発者インタビューが4gamerで公開されました。
いくつか新しい情報が公開されています。

インタビュー抜粋

●国内ではSwitchPS4でパッケージ版/ダウンロード版が発売される。
●「アルティメット・エディション」には、新しいエピソードやコスチュームなどのDLCがすべて収録される。
Steam版『Shantae: Half-Genie Hero』は日本語化されていますが、今回発売される「アルティメット・エディション」はインターグローがパブリッシャとなり、PC版よりも質の高いローカライズを目指して調整が行われる予定。
●今後のシャンティシリーズとしては、冒険や探索の要素を全面に押し出したい。3Dグラフィックス表現で第1作(2002年に発売されたゲームボーイカラー版)をリメイクしてみたい。
●ゲームだけに限らず、アニメやコミックス、Tシャツやぬいぐるみといったグッズも作りたい。

その他インタビュー全文は、4gamerからチェックしてみてください。

スポンサーリンク