Switch版『SELF』が2020年1月16日に国内配信決定!シミュレーションとパズルの仕組みを持つKafkaesque系サスペンス・アドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『SELF』が、2020年1月16日に配信されることが決定しました。
販売価格は690円(税込)ですが、2020年1月22日 23:59までは割引価格の620円(税込)で購入することができます。

本作は、doBellによって開発された、シミュレーションとパズルの仕組みを持つKafkaesque系サスペンス・アドベンチャーゲームです。
プレイヤーは色々な謎を解き、主人公の記憶の欠片を集めて、物語の全貌を再現します。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

カフカスタイルの心理サスペンスAVGゲーム

《SELF》はカフカスタイルの心理サスペンスAVGゲームです。
プレイヤーは色々な謎を解け、主人公の記憶の欠片を集めて、物語の全貌を再現します。

父さんが消えた。でも周りの人は、母親でさえも父さんの失踪に無関心でいた。僕は自分で父さんを探しに行った。
父さんを探す途中で僕はギャングに追われ、色々な変わった人と出会い、周りで奇妙なことが起こるようになった。
僕は少しずつ父さんの世界に入って、自分の心の奥で閉じこめられた秘密も段々と現れた。
このゲームで、プレイヤーは多くの分岐点を選択をします。ゲームの中で君以外に誰もいないため、直面しても逃げても構いません。
でも全ての選択は物語の流れを変えるかもしれない。

– ゲームは全てレトロなモニターの中で行われます。
– ユニークでダイナミズムのあるパフォーマンス
– 簡潔なピクセル風線描画
– ちょうどいいサウンドエフェクト
– 物語の欠片で違うエンディングを獲得し、事件の全貌を再現して、真実を解き明かします。

©2019 doBell ©2013-2019 indienova All Rights Reserved

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク