Switch用ソフト『世界のアソビ大全51』の更新データ:Ver. 1.1.2が2020年7月29日から配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『世界のアソビ大全51』の更新データ:Ver. 1.1.2が、2020年7月29日から配信開始となりました。
また、お手軽版版『世界のアソビ大全51 ポケットエディション』でも、更新データVer. 1.1.2dが配信されてます。

以下、更新データのパッチノートです。

【全般】
●「ルドー」で盤面上に動かせるコマがないとき、スタートダイスで設定した回数だけサイコロを振り直せるようになりました。
●各ゲームのプレイ回数を記録する上限が、99回から999回に増加しました。
●オンライン対戦での同期通信の安定度が向上しました。
●「麻雀」にて、リーチ時の同時ロンで点棒の1000点が消えてしまう問題を修正しました。
●「麻雀」にて、同順フリテンなのに栄和してしまう問題を修正しました。
●「麻雀」にて、リーチ後に待ち牌が変わる「暗カン」ができてしまう問題を修正しました。
●「リバーシ」にて、CPUが動かず進行不能になる問題を修正しました。
●「テキサスポーカー」にて、同じ役で上がった際の優先判定処理の問題を修正しました。
●「オススメ地球儀」の「マイレコード」にて、一部の情報が正しく記録されないことがある問題を修正しました。
●特定の手順を行うと、「ラストカード」「フィッシング」「麻雀」「チャイニーズチェッカー」「ビリヤード9ボール」「チェッカー」「チェス」「将棋」「5五将棋」「バックギャモン」「スロットカー」にて進行不能になる問題を修正しました。
●そのほか、ゲームを快適に遊んでいただけるよう、調整や修正を行いました。

※オンライン要素を遊ぶためには最新の更新データが必要です。
※お手軽版『世界のアソビ大全51 ポケットエディション』でも、上記の内容に対応した更新データが配信されています(Ver. 1.1.2d)。
※Ver. 1.1.1以前とはローカル通信の互換性がありません。また、お手軽版『世界のアソビ大全51 ポケットエディション』のVer. 1.1.1dとはローカル通信の互換性がありません。一緒に遊ぶ人と更新データのバージョンをそろえてください。

※更新データをダウンロードするには、本体保存メモリーまたはmicroSDカードに十分な空き容量が必要です。
※セーブデータは更新データのダウンロード後も引き続きご使用いただけます。

情報源:任天堂公式サイト

©2020 Nintendo