【噂】『惨劇サンドボックス(仮)』のプラットフォームはSwitchになる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年3月に開催された「竜騎士07プロジェクト発表会」で、完全新規タイトル『惨劇サンドボックス(仮)』が発表されました。
発売日は2019年でプラットフォームは未定となっていましたが、「SakuraCon 2019」で2019年にSwitchでリリースされると発表があったようです。

※現時点では文字情報だけであり正確ではない可能性があります。正式発表があるまでは噂と思っていてください。

こちらは初公開となるメインキャラクターのイラストです。



本作は、「ひぐらしのなく頃に」の竜騎士07氏が企画・シナリオを、「Kanon」や「CLANNAD」の樋上いたる氏がキャラクターデザインを手がける新作タイトルです。

ひぐらしのなく頃に 奉 通常版 - Switch
エンターグラム (2018-07-26)
売り上げランキング: 1,148

現時点でゲーム内容について多くの情報はありませんが、昨年の発表会では次のように詳細が語られていました。

本作について、竜騎士07氏は、あまり詳しくは語れないとしながらも、「“私と樋上先生で組んで何かやりませんか?”という話から始まった。“樋上先生がやってくれるならこんな話が書きたい”ということで、樋上先生のヒロインにこんなシナリオをやらせたいということで書いた作品。大変魅力的な、はかない空気を持ったキャラクターたちを、惨劇サンドボックスに叩き込んだらどういう化学反応を見せるのかな、というのを僕も楽しみたいなという僕のドS心をくすぐりながら書かせていただいた。」とコメント。さらに、シナリオは8割方進行しており、もうすぐ脱稿できるという状況とのことで、「スピード感のある作品になっていると思います。僕の中の心の中の悪の部分をたくさん引き出していますが、ちゃんとメッセージのある作品にしているつもりですので、ご期待頂ければ。」と、ファンである春名に向けて、ファンに向けてのコメントで締めくくった。
情報源:ファミ通.com

また、『キコニアのなく頃』の続報も公開されたようで、今年の夏コミでリリースされるときに英語版もMangaGamerとSteamで発売つもりとのことです。

情報源:@GenkiRangerredditMangaGamer@DNakukoroni

スポンサーリンク