Switch版『RUINER』が海外向けとして発売決定!サイバーパンクなアクションシューティングゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『RUINER』が、海外向けとして発売されることがパブリッシャーのDevolver DigitalとデベロッパーのReikon Gamesから発表されました。
具体的な発売日はありませんが、もうすぐリリースとのこと。

本作は、2017年9月にPCや他のコンソール用としてリリースされた、サイバーパンクなアクションシューティングゲームです。
2091年のサイバーパンクメトロポリスRengkokを舞台にした、バイオレンスな物語が描かれています。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

RUINER』は2091年の巨大サイバー都市“レンゴクシティ”を舞台にした、バイオレンス色の強いアクションシューティングゲーム。
爆発的な怒りを内に秘めた一人の反逆者が誘拐された兄を救うため、腐敗した社会に牙を剥き、謎の女ハッカーの力を借りながら醜い真実を解き明かす。
超人的な反射神経とサイバネティック強化ツール、敵の落とす様々な武器を駆使して、このスピーディかつ過酷な戦いに生き残ろう。

■流麗かつ残虐なバトル:多彩なアビリティやアップグレードを駆使して、戦場を支配せよ。勝利には強力な武器を獲得し、戦闘センスを磨くだけでなく、敵を混乱させ、無力化する驚異的なスキルやガジェットを極めることが必要となる。

■サイバーパンクに触発された世界観:エネルギーシールドやキネティックバリア、グリッドコンバーターなどの最新鋭テクノロジーを使いこなそう。反射神経や身体能力を強化して敵の攻撃を華麗にかわす、あるいは敵をハッキングして味方につけるなど、幅広いアプローチを用いた戦い方が可能。

■ストーリー性の高いアクション:レンゴクシティのいかがわしい裏路地から展開する、陰惨なストーリーに没入しよう。暴力が解決の決め手となるこの街では、信用などほとんど意味を持たない。理性を失った世界の住人となって、“ヴァーチャリティ”を世に広める巨大企業ヘヴン社の野望を打ち砕こう。