Switch用ソフト『ローテティングブレイブ』が2019年2月に配信決定!画面を回転させながら遊ぶ2Fアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch用ソフト『ローテティングブレイブ (Rotating Brave)』が、2019年2月に配信されることが賈船からアナウンスされました。
販売価格は500円が予定されています。

本作は、スマートフォン向けとして配信されている2Dアクションゲームです。
画面を回転させながら遊ぶという、独自の要素を特徴にしています。

以下、賈船の公式サイトより本作の概要と、スマートフォン版の紹介映像です。

画面を回転させながら遊ぶアクションゲーム!
画面もグルグル、プレイヤーもグルグル、キャラクターもグルグル!
回しながら敵を回転斬りだ!
・ダンジョン内には様々なモンスターが潜んでいる。君は回転しながらその敵をなぎ倒し進んでいこう。
・ステージ中にはショップや君の記憶を辿る追憶の部屋があるので見逃すな。
・ピンチの時にはスキル発動!スキルポイントが溜まったら逆転の必殺技を繰り出そう。

~あらすじ~
長きにわたる異国との戦争。
国家は、戦争を勝利で終結させるべく、膨大なエネルギーを秘めているとされる太古からある神殿を利用しようと考えた。
そこで、エネルギーを取り出すため、神殿で祈りを捧げる司祭を集めたのだった。
主人公の幼馴染の娘も、司祭に選ばれ、主人公と別れ、遺構に行くことになりました。
その後、神殿から膨大なエネルギーがあふれ出て、それを制御する術はなく、広大な範囲が焦土化され、敵味方の区別なく消滅した。
主人公は、その時には戦士として戦場にいたが、難を逃れ、なんとか無事でしたが、神殿のエネルギー暴走に巻き込まれた、幼馴染を救うため、一人神殿に向かうのだった。
そして、神殿ではなぜか自分と幼馴染の記憶をたどることになる。それは神殿のエネルギーによるものなのか… それとも…

© 2017-2018 TissueTube Publish by COSEN

スポンサーリンク