Switch版『ライジングヘル』の国内発売日が2021年5月20日に決定!体験版も利用可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『ライジングヘル (Rising Hell)』の国内発売日が、2021年5月20日に決定しました。
販売価格は990円(税込)に設定されていますが、2021年5月19日 23時59分までは割引価格の891円(税込)で購入することができます。

本作は、インドネシアのスタジオToge ProductionsとTahoe Gamesが開発を手掛ける、地獄を舞台にした縦スクロール型のローグライク2Dアクションゲームです。
ローグライクならではのやりこみ要素と、コンボ技が楽しいアクションが融合したタイトルになっています。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

地獄の底から這い上がれ!
メタル魂が叫び、血が燃えたぎるローグライトアクション。

「ライジングヘル 」は耽美的なヘビメタサウンドが唸りを上げ、アドレナリンが全身を駆け巡る、縦スクロール型のローグライトアクション。

血に飢えた魔物の軍勢と戦いながら、
変化し続ける地獄をよじ登って脱出せよ。

新たな能力を次々と身につけ、個性的なヒーローたちをアンロックして、ランダムに生成される、変わり続ける地獄で大暴れしよう。

ヘビメタサウンドが荒れ狂う、ピクセルアートで描かれた地獄では、不気味な虫だらけのベルゼバブの巣や、様々な魔物がうごめく冥府の穴、徘徊するトラップ、そして醜悪なボスたちがプレイヤーを待ち受ける。

巧みなジャンプと攻撃のコンボ、そしてタレントの強化こそが、この血湧き肉躍る、縦スクロール型アクション地獄の底から抜け出すためのカギだ。ヒーローに襲いかかる敵は無残に倒れるまで許すな。

「ライジングヘル 」の主な内容:
– 縦スクロール型ローグライト:常に変化する、自動生成される地獄を駆け上がれ。「死んだら終わり」という緊張感に、手に汗を握らずにはいられない。
– 壮大なボス戦:ダゴンやベルゼバブなど、数多くの巨大ないにしえの悪魔を打ち倒せ。
– 複数のゲームモード:メインのストーリーモードに加え、複数のチャレンジモードから選んでプレイ可能。いずれのモードもランキング争いが熱い。
– 能力の異なるヒーローたち:プレイスタイルや戦略がまったく異なる、個性的なヒーローたちをアンロックして地獄に挑もう。

Rising Hell © 2021 Developed by Tahoe Games and Toge Productions. Published by Chorus Worldwide Games.