Nintendo Switch版『Rise of Insanity』が海外で配信決定!「シャイニング」「エクソシスト」などから影響を受けた一人称のホラーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Rise of Insanity』が、海外で配信されることがパブリッシャーのSimFabricからアナウンスされました。
発売時期は、2018年第3四半期が予定されています。

本作は、「シャイニング」「エクソシスト」「サイレントヒル (日本のゲームが原作)」といった日本でも有名なホラー映画からインスピレーションを受けて開発された、一人称視点のホラーゲームです。

物語の舞台となるのは、1970年代のアメリカです。

精神科医のStephen Dowellは、矛盾した症状を示す困難な患者に直面しています。
そして、医師自身の人生さえも謎に包まれています。
患者や自分自身の真実を知るために、隠された謎に足を踏み入れることになります。

紹介映像

プレイ動画

ちなみに、すでに配信中の対機種版ではVRにも対応しています。
下記にファミ通によるプレイ動画があるので、興味のある方はチェックしてみてください。
※ホラー映像を含むので注意しましょう。

CLOSED NIGHTMARE - Switch
CLOSED NIGHTMARE – Switch

posted with amazlet at 18.04.12
日本一ソフトウェア (2018-07-19)
売り上げランキング: 358