ニンテンドースイッチ版『Rime』が他の機種に比べて$10高い理由は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月26日と発売日が発表された『Rime』(日本では現時点で発売予定なし/スイッチ版は今夏発売予定)ですが、ニンテンドースイッチ版だけ価格が何故か$10高いようです。

価格は、スイッチ版が$39.99
PS4、Xbox One、PC(Windows)版が$29.99となるようです。

Rimeの販売会社であるGray Boxの代理人にKotakuが取材を行ったところ、「私たちは、各プラットフォームの開発と出版のコストに基づいて製品の価格を設定しました。」と回答したそうです。

また、FacebookのStream中にファンがNintendo of Americaのレジー社長に、Switchでより多くのゲームの費用がかかる理由について尋ねてみたところ、「私たちは価格設定の決定はしていません。」 「価格の違いが見えるときは、第三者の出版社に電話して尋ねてください。」と回答したそうです。

今回発売される『Rime』は、スイッチ版が$10高いですが、他のインディーズゲームでもそうなるかは分かりません。
ただ、海外サイトではそれを危惧しているようです。

スイッチは他の機種(Blu-rayなどのディスク)とは違い、カードリッジで製造されています。
もし価格面に違う場合、こういったことが影響している可能性もありそうです。

実際Gray Boxの代理人の代理人は、Blu-rayの代わりに独自のカートリッジで出荷しなければならないため追加料金がかかるのですか?という質問に、「開発と出版費 に加えて、製造のコストが要因でもあると確認できる。」と付け加えたそうです。
※機械翻訳を使用しているため、多少のニュアンスの違いはご了承ください。

ニンテンドースイッチを購入
Amazon
楽天市場
セブンネットショッピング NintendoSwitchで検索

スポンサーリンク