Switch用ソフト『リマザード:トーメンテッド ファーザーズ リマスター』が2020年3月19日に配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『リマザード:トーメンテッド ファーザーズ リマスター』が、2020年3月19日に配信されることが決定しました。
販売価格は3,520円(税込)ですが、2020年3月18日 23:59 までは割引価格の3,168円(税込)で購入することができます。

『Remothered』は、イタリアを拠点とするデベロッパーStormind Gamesによって開発されたサバイバルホラーゲームです。
『クロックタワー』『バイオハザード』『サイコブレイク』といった、日本のホラーゲームからインスパイアを受けて開発されました。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

圧倒的没入感で魅了する話題のサバイバルホラーがリマスターで復活!本当の恐怖は、背中越しにやってくるーー。
恐怖と戦い、謎解きで真実を見つけるホラー・アドベンチャー。
練り込まれたシナリオに、プレイヤーを魅了する映像と音楽による映画のような演出で、ゲームをプレイした後も頭から離れない、血も凍るような体験をお楽しみください。

【ストーリー】
閉ざされたフェルトン家の屋敷を舞台に繰り広げられる歪んだ家族の愛憎劇。行方不明となった少女・セレステを探すため、自らを医師と偽りフェルトン博士の館に家に足を踏み入れたローズマリー。そこで見てはいけない光景を目の当たりにした彼女は、錯乱するフェルトン博士に追われながら命がけで真実を解明していくこととなる。

【ゲームについて】
フェルトン博士に追われながら真相を解き明かしていく過程をローズマリーの立場で体験することで、独特の没入感と想像を超えたスリルを味わうことのできるサバイバルホラー。

プレイヤーは真相解明の途中に拾う物を使用して追っ手を欺くことができるが、銃や武器といったパワープレイを可能とする物は存在しない。生き延びるコツは、屋敷の構造を把握して、忍び寄る追っ手の存在を常に「音」で感じながら進めていくこと。危険を察知して身を隠す判断力も重要となる。画面上にプレイヤーキャラクターの体力ゲージはなく、まるでホラー映画を観るように五感を研ぎ澄ませ、可能な限り危険を回避して有利にゲームを展開しよう。

そして、音楽プロデューサーの戸田信子氏とイタリアの作曲家ルカ・バルボーニ氏による数々のオリジナルサウンドトラック。
恐怖と悲哀を演出する一流の作曲家による音楽がこの世界への感情移入を誘います。

【リマスターによる改善ポイント】
・ゲームパフォーマンスの向上
・質感・グラフィック・テクスチャーのクオリティー改善
・ライティングシステムの改善
・画面に最適化したフォントサイズの適用
・全編にわたる日本語訳の改善

『リマザード:トーメンテッド ファーザーズ リマスター』の基本的なゲームの内容は、過去にリリースされた同名タイトルと同様となります。リマスターにあたっての変更点は、紹介文に記載の【リマスターによる改善ポイント】にてご案内のとおりとなります。ご購入の際にご留意ください。

© 2019 Developed by Stormind Games® | Stormind Games® is a registered trademark of Stormind srl. All Rights Reserved. Published by Modus Games™. Modus Games™ and the Modus™ logo are trademarks of Modus Games, LLC. All rights reserved. All other trademarks or registered trademarks belong to their respective owners. Published and distributed by 3goo K.K.

スポンサーリンク