Switch用ソフト『リディーマー 僧侶の怒り』が2020年2月27日に配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch用ソフト『リディーマー 僧侶の怒り』が、2020年2月27日に配信されることが決定しました。
販売価格は2,500円(税込)に設定されています。

本作は、拳銃・ハンマー・武器、そして周囲の環境そのものを使って、敵を突き抜けハックして爆破する血みどろで現代的な見下ろし型3Dアクションゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

無慈悲には無慈悲を…
怒りの制裁が今始まる!
『リディーマー 僧侶の怒り』は、殴る、蹴る、斬る、撃つなど、様々なアクションで敵を倒していく見下ろし視点のバイオレンスアクションゲームです。

軍事サイバー企業の極秘エリートスパイとして任務を遂行していたバシーリは、組織が地下で人体実験を行っていることを知る。事実を知ったバシーリの命を組織が狙うが、彼はなんとか逃げることに成功した。

肉体的そして精神的に憔悴したバシーリは、安らぎを求めて人里はなれた寺院に修行入りした。それから20年もの間、自らの過去に悩まされながらも、師匠や仲間とともに平静な生活を送っていた。

しかしある日、バシーリの居場所を突き止めた”ヤツら”が寺院を襲撃しにやって来た。次々と犠牲になる仲間達を目にしたバシーリは、冷酷な制裁人となり悪の集団を葬る。

ちなみに、Teyon Japan‏が予告していた新作はおそらくこれのことだと思われます。