Switch版『Rain World』が2019年7月18日に国内配信決定!PS4とPCで好評を博したサバイバルアクションプラットフォーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Rain World』が、2019年7月18日に配信されることが決定しました。
販売価格は2,400円(税込)ですが、2019年7月17日 23:59までは割引価格の2,160円(税込)で購入することができます。

本作は、16ビット時代のクラシックタイトルのシンプルさと美学にインスパイアされた、オープンワールド要素のあるサバイバルアクションプラットフォームです。

プレイヤーは、生態系が崩壊した世界に一人で立ち向かうSlugcat(なめくじネコ)の役割を担います。
洪水によりはぐれしまったSlugcatを操作して、たった一人で荒廃した世界で家族を探すことになります。

周りの世界には危険がいっぱいです。
Slugcatは捕食者、そして獲物にもなってしまいます。
狡猾な捕食者を避けながら、飛び回る虫や果実などを食べて飢えを満たしましょう。

死ぬ前にあなたの家族を見つけることが、プレイヤーの使命です。

ちなみに、国内では2018年2月7日にPS4 日本語版もリリースされました。
より詳しい詳細は、各ストアのページをチェックしましょう。

PS Store
Switch eショップ

下記にPS4版の紹介映像もあるので、興味のある方はこちらのほうもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク