【PV更新】Switch版『雷電V Director’s Cut』が2019年7月25日に国内配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『雷電V Director’s Cut』が、海外と同日の2019年7月25日に配信されることが決定しました。
販売価格は3,500円(税込)に設定されています。

本作は、2016年2月25日にMoss Co., Ltd.からXbox One向けとして発売されたシューティングゲームです。
2017年にはPS4&PC向けとしてXbox One版の全要素を収録し、さらに「2P同時プレイ」「新ミッションステージ」などの追加要素を収録した『雷電V Director’s Cut』もリリースされています。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

シューティングゲームの金字塔 雷電の新たなる戦いが始まる
シンプルな操作性と奥深いゲームバランスを軸に根強い支持を誇る、縦シューティングゲームの金字塔『雷電』シリーズ。
2P同時プレイやミッションステージなどの数々の要素を盛り込んだ『雷電V Director’s Cut』が、ついに Nintendo Switch に登場!

・オンラインプレイ中のプレイヤー同士がボタン1つで支援し合い、強力な攻撃を繰り出せる”チアーシステム”!
・攻略に役立つプレイ情報や使用武器率をリアルタイムに取得!
・雷電シリーズ初のマルチストーリーシナリオで語られる物語をフルボイスで表現!

奥深いゲームバランスとネットワークによる新体験が融合した、より進化したシューティングの世界を Nintendo Switch でいつでもどこでも体験できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク