『Nintendo Switch』争奪戦に終結の兆し? 秋葉原の中古ショップに聞く市場の流れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月3日に発売された任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」ですが、未だに本体の品薄が続いています。
新品だけではなく、なかなか中古も入ってこない状態のようです。

7月~8月は6月よりも多くの本体を出荷し、秋以降も生産体制を更に強化すると任天堂が発表していますが、品薄が解消されるのはいつになるのでしょうか。

そんな中、ガジェット通信が秋葉原にある中古ショップ「おたちゅう秋葉原店」協力のもと、中古買取・販売市場側の視点から“Switch争奪戦”の様子を記事にしてくれました。

以下、ガジェット通信より。
※ガジェット通信の記事は転売を推奨するものではありません。

秋葉原の中古ショップに聞く市場の流れ

おたちゅう秋葉原店:「4月~5月から徐々に白熱していった感じですね。また、4月13日の『スプラトゥーン2』発売日決定のニュース、4月28日に発売した『マリオカート8 デラックス』がヒットしたことも市場に大きな影響を与えました」と店長の鈴木さん。『マリオカート8 デラックス』に関してはソフト自体の面白さはもちろん、『YouTube』や『ニコニコ動画』などで実況・生放送が盛り上がったことも大きかったという。

やがて6月に入ると品薄状態が深刻化。本体セットの買取価格は3万6000円から3万9000円へ上昇した。この頃から、おたちゅう秋葉原店の『Twitter』では毎日のように買取価格に関するツイートが行われている。

争奪戦は4月~5月頃から徐々に白熱していったようです。
そして6月に入ると品薄状態が深刻化したそう。

参考までにメディアクリエイト調べによるSwitch本体の販売ランキングです。
5月8日頃から出荷台数が一気に減ったのが分かり、これも間違いなく品薄状態の原因となったと言えるでしょう。

【Switch本体の売り上げ】
※メディアクリエイト調べより
期間 販売台数
2017年3月3日~3月5日 329,152台
2017年3月6日~3月12日 61,998台
2017年3月13日~3月19日 49,913台
2017年3月20日~3月26日 78,441台
2017年3月27日~4月2日 45,509台
2017年4月3日~4月9日 41,193台
2017年4月10日~4月16日 45,673台
2017年4月17日~4月23日 48,694台
2017年4月24日~4月30日 76,679台
2017年5月1日~5月7日 47,911台
2017年5月8日~5月14日 24,712台
2017年5月15日~5月21日 26,114台
2017年5月22日~5月28日 27,146台
2017年5月29日~6月4日 23,524台
2017年6月5日~6月11日 27,291台
2017年6月12日~6月18日 37,709台
2017年6月19日~6月25日 22,361台
2017年6月26日~7月2日 25,805台
2017年7月3日~7月9日 26,256台
2017年7月10日~7月16日 31,906台
2017年7月17日~7月23日 98,999台
2017年7月24日~7月30日 89,314台
2017年7月31日~8月6日 61,933台
2017年8月7日~8月13日 87,798台

そして、7月21日に発売された『スプラトゥーン2』の発売日が近づくにつれて、需要はさらに高まっていったとのこと。
7月21日頃には約4万2000円での買取が行われたそうです。
定価よりも1万円近く買い取り金額が高いという異常事態です。

そして最終的な最高買取額は4万9000円となった。日によっては買取多数のため赤字になった日もあるという。しかし、夏休みが徐々に近づいたこともあり、市場の需要は止まらなかった。同時に中古ショップ同士の入荷争奪戦も激化しており、近隣ショップとの我慢比べが起こっていたという。

ネット上でも頻繁に店舗の買取価格の情報が取り上げられ、限界まで買取額を上げていたおたちゅう秋葉原店。当然、人気は集中した。それゆえに、周りの店舗から意識・対抗されていることを強く感じたという。「とある店舗さんとはとにかく意地の張り合いでしたね。おそらく向こうもそう思っていたでしょう(鈴木さん)」。店舗同士の駆け引きも沢山あったようだ。

ただ、8月の第1週目くらいから買取価格も徐々に下がっていったそうです。
おたちゅう秋葉原店ではSwitchに関する問い合わせも減り、買取価格が3万6000円まで下がりました。
8月に入って、任天堂の出荷量の増産効果が徐々に出ている感じです。

今後の市場予想について尋ねると、鈴木さんは「ちょうど悩んでる時期なんです」と回答。「国内の需要は満たされ始めていますが、アジアを中心とした海外からの需要があります。ピークは過ぎましたが、今後も市場を見ていきたいですね」。

需要と供給のバランスに最も敏感であろう中古ショップ。買取価格の下落は、そのままユーザーの需要が満たされたことに直結するため、近い将来“switch争奪戦”は終結を迎えると考えられる。とはいっても筆者はまだ入手できていない。なんでだろう。

近い将来“Switch争奪戦”は終結を迎える。と締めくくられています。

品薄は解消されるのか?

現在は徐々に落ち着いてきているものの、まだまだ本格的な品薄解消とはいかないと思います。

8月25日に『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』が、9月22日に『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』が、9月28日に『ファイアーエムブレム無双』が、10月27日に『スーパーマリオ オデッセイ』が発売される予定です。
ビックタイトルの発売が控えてますから、年内いっぱいは今ほどではないにせよ、品薄状態が続いていく可能性は高いと思います。

秋以降に生産体制を更に強化するそうなので、その強化次第では・・・といった感じかな?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク