『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』は英国では合計116,000本を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月16日に発売された『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』ですが、英国での販売本数が入ってきました。

前回 今回 タイトル
New 1 Spyro Reignited Trilogy
1 2 Red Dead Redemption 2
NEW 3 Fallout 76
New 4 ポケットモンスター Let’s Go!ピカチュウ
3 5 FIFA 19
New 6 ポケットモンスター Let’s Go!イーブイ
2 7 Call of Duty: Black Ops 4
New 8 Fortnite: Deep Freeze Bundle
6 9 マリオカート8 デラックス
New 10 Hitman 2

ピカチュウが初登場4位、イーブイが初登場6位にランクインして合計116,000本を販売しました。
デジタルは含まれていません。

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ- Switch
任天堂 (2018-11-16)
売り上げランキング: 3
ポケットモンスター Let's Go! イーブイ- Switch
任天堂 (2018-11-16)
売り上げランキング: 4

ピカチュウのほうが明らかに人気がありました。
両方を合算すると全体で1位になっていたとのこと。
Nintendo Switchタイトルで最高のオープニングを飾りました。

『ポケットモンスター サン・ムーン』に比べて60%以上ダウンしましたが、当時は3DSのほうがややインストールベースが高かったです。
販売本数的には『ポケットモンスター X・Y』の124,000本に近いですが、売り上げは5%下がっています。

なお、ヨーロッパでは倉庫から入庫するユニットが少なくなっていて、一部の予約注文は成立しませんでした。
多くの店舗でも物理版が売り切れました。
在庫が充実していればさらに売り上げを伸ばしていた可能性があります。

本作の発売のおかげで、Switch本体と多くのソフトウェアが強力な恩恵を受けました。
『マリオカート8 デラックス (No.9)』、『スーパーマリオ パーティ (No.18)』、『スーパーマリオ オデッセイ (No.19)』、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (No.28)』はそれぞれ94%、25%、30%、52%売上高が上昇しました。
マルチプラットフォームの『Just Dance 2019 (No.39⇒No.14)』の売上高は主にSwitchのおかげで465%も増加しました。

ポケモンの以前の販売状況はこちらです。

[Week 21, 2009] ポケットモンスター プラチナ – 59,000 / NEW
[Week 12, 2010] ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー – 90,000 / NEW
[Week 09, 2011] ポケットモンスターブラック・ホワイト ~ 125,000 – 144,000 / NEW
[Week 41, 2012] ポケットモンスターブラック2・ホワイト2 – 62,000 / NEW
[Week 41, 2013] ポケットモンスター X・Y – 124,000 / NEW
[Week 48, 2014] ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア – 145,000 / NEW
[Week 47, 2016] ポケットモンスター サン・ムーン – 290,000 / NEW
[Week 46, 2017] ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン – 78,000 / NEW
[Week 46, 2018] ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ – 116,000 / NEW

情報源:gamesindustryNintendo Everything

スポンサーリンク