プラチナゲームズの稲葉敦志氏「(Switch向けのゲームを) 作っていますよ。おもしろくなると思います。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミ通.comにプラチナゲームズの稲葉敦志氏へのインタビューが掲載されています。
この中で、Nintendo Switchへの言及がありました。

――最後に、いままでの流れとはまったく関係ないのですが、Nintendo Switchについて聞かせてください。インディーデベロッパーもNintendo Switchには積極的に見えるのですが、稲葉さんはNintendo Switchについてどう判断していますか?

稲葉 Nintendo Switchは、いろいろなすばらしい機能を持ったハードですが、やっぱり自由に持ち運べるというシームレス感はすばらしいと思います。ずっと家で夢中で『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を遊んでいて、きりが悪いから外でも遊ぶという、気持ちのシームレス感ってすごいです。部屋に釘付けではないので、どこでも気軽に遊べるし、一方で、じっくり遊べもするという、すごくいいプラットフォームになっていますね。ハードに、ちょっとしたアイデアのライトな遊びも受け入れてくれる空気感があるじゃないですか。「ちょっと遊ぼうぜ」みたいな。わいわいできそうな、ひとネタでも持ち寄って遊べる。でも、重たいAAAタイトルも腰を据えて遊べる。インディーシーンとの相性もいいですし、これから先のゲームシーンとの相性もいいんじゃないかなと。

――プラチナゲームズとの相性はどうですか?

稲葉 いいと思いますよ。すでに参入表明はしていますし。Nintendo Switchの発表会のときに、密かにプラチナゲームズのロゴは出ていますので。

――なにか動いているのですか?

稲葉 作っていますよ。おもしろくなると思います。
情報源:ファミ通.com

Nintendo Switchについて聞かれた稲葉氏は、「自由に持ち運べるというシームレス感」を称賛しました。
ソフトも遊んでいるようで、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』にはまっているようです。

そして、Switch向けのゲームを作っていることも発表しました。
※昨年の発表会で公開されたNintendo Switchのパートナー企業に、プラチナゲームズのロゴ(Pマーク)が入っていました。Switchへの参入は今回初公開の情報ではありません。

partnerkigyou

プラチナゲームズはこれまで、『ベヨネッタ2』や『The Wonderful 101』、『スターフォックス ゼロ』など任天堂ハードで発売されたゲームを多数発売してきてます。

Switchで開発中のゲームがどのようなタイトルかは分かりませんが、おもしろくなるそうなので期待したいですね。

スポンサーリンク