Nintendo Switch版『ファントムブレイカー:バトルグラウンド オーバードライブ』が2017年12月7日に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


5pb.がNintendo Switch版『ファントムブレイカー:バトルグラウンド オーバードライブ』を、2017年12月7日に全世界で配信することを発表しました。
販売価格は1,000円(税込)が予定されています。

本作は、5pb.の美少女対戦格闘ゲーム『ファントムブレイカー』の世界観をモチーフとしたベルトスクロールタイプの8bitアクションゲームです。
『ファントムブレイカー』に登場するヒロインが多数参戦していて、ちびキャラに可愛らしくデフォルメされているのが特徴となっています。

『ファントムブレイカー』のオリジナルキャラクター以外に、『STEINS;GATE』の牧瀬 紅莉栖や、『ROBOTICS;NOTES』の神代フラウがゲスト参戦しています。

Nintendo Switch版は、先に発売されたPS4版を元にしています。
Switch版は、他機種で有料配信されていた「牧瀬紅莉栖追加DLC」、「神代フラウ追加DLC」、「BGM追加DLC」、「ケモ耳コスチューム」といったダウンロードコンテンツが全部収録されていて、お得な内容になってます。



また、技の強さや敵キャラの配置など、ゲームバランスの再調整がされていてさらに遊びやすくなっているようです。
ただし、PS4版にあった裏ルートは複雑になる恐れがあったのでオミット(省く)されているとのこと。

他機種版で対応していた「オンラインマルチプレイ」や、「アーケードモードのオンラインランキング」は、2018年に開始される予定の『Nintendo Switch Online』の正式サービスイン以降に無償アップデートで利用可能になる予定です。

<ストーリー>
日本の首都、東京。
謎の男ファントムは、封印された自らの強大な力を取り戻すべく暗躍していた。
彼は、特殊な力を持つ若者に、F.A(Fu-mantion Artifact)という武具を与え、戦いに勝てば望みを叶えるという甘言で戦いへと誘っていた。

なぜならF.Aの激しいぶつかり合いは、時空の歪みを起こし、この世界とは別の世界へと通じる亀裂を生じさせる。
その亀裂が、やがては彼の力の封印を破ることとなるからだ。

ファントムに対抗する破邪の一族である九紋家の娘”稚”と、協力を申し出た”美琴”はこの陰謀を止めようとするが、あと一歩のところで逃げられ、更に、”稚”の妹である”薙”がファントムに連れ去られてしまう。
正義の味方を志すメイド”唯月”と、ファントムの誘惑から逃れたニンジャ”柚葉”も合流し、4人の少女は薙を救うべく、ファントムの追跡を開始したのであった。

なお、紹介映像などはまだ公開されていませんでした。
他機種版のほうの各種映像がありましたので、貼り付けておきます。

PSVita版はパッケージ版も発売!

ちなみに、PSVitaでは、パッケージ版(PS Vitaカードは未同梱)も発売されました。
ただ、Switchではダウンロード版のみの配信となるようです。

ファントムブレイカー:バトルグラウンド
ファントムブレイカー:バトルグラウンド

情報源:ファントムブレイカー:バトルグラウンド オーバードライブ for Nintendo Switch 公式サイト

©2011-2017 MAGES./5pb.

スポンサーリンク