『プチコン4 SmileBASIC』の更新データ:Ver 4.0.1が2019年6月3日から配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch用ソフト『プチコン4 SmileBASIC』の更新データ:Ver 4.0.1が、2019年6月3日から配信開始となりました。
今回の更新データによって、いくつかの不具合が修正されています。

以下、パッチノートです。

<BASIC言語の問題>
■重大度:高
初期値を代入していない文字列変数に対しINC,PUSH,UNSHIFTを2回行うとハングする事がある。

■重大度:中
MMLでLコマンド使用後、最大8つの音符で指定前のデフォルト音長が使われてしまうことがある。
GTRI命令がGCLIPで設定したクリッピング領域からはみでて描画する事がある。

<メニュー画面等の問題>
■重大度:中
ダイレクトモードでセーブダイアログ表示後、ファイルダウンロード時の上書きダイアログで方向ボタンで正常に操作できなくなる。

<付属ツール・サンプル・素材の問題>
■重大度:中
プログラムを作成途中で初心者ガイドやチュートリアルを見るとプログラムが消去される。
ガイドでメイン側プログラム実行中にBボタンでガイドを止めると、その後ガイドメニューを抜けてもTOPMENUに戻らない。
ヘルプの一部文言修正。
初心者ガイドの一部文言修正。

<配信ページ>
プチコン4 SmileBASIC(サーバー利用券1個付き)

情報源:プチコン4 SmileBASIC 情報ページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク