動物愛護団体のPETAがニンテンドースイッチの乳しぼりゲームを批判

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動物愛護団体のPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)がニンテンドースイッチの乳しぼりゲームを批判しているようです。

同団体が標的にしたのは「1-2-Switch」に収録された「ミルク」というミニゲーム。コントローラーを牛の乳に見立てて乳しぼりをシミュレートするというものです。同団体は任天堂にあてた書簡で、乳しぼりは牛にとって苦痛であり、ゲームからはその残酷さが排除されていると主張。母牛が生まれたばかりの子どもと引き離されて上げる鳴き声や、汚い牛舎などをゲームに入れるべきとしています。「任天堂はうわべをよく見せかける代わりに、動物が苦しまない活動(例えばアーモンドミルクのミニゲーム)をシミュレートするべきだ」とも。
情報源:ねとらぼ

MILKとは、スイッチ用ゲーム『1-2-Switch』に収録された2人対戦用ゲームのことです。
Joy-Conを上下に動かして、牛の乳からミルクを絞りあうというのがゲームの内容です。

PETAはこのMILKというゲームについて批判しているようです。

PETAは、スーパーマリオのタヌキスーツについて「タヌキスーツのマリオは動物の毛皮を着ても問題ないというメッセージを発している」と批判したり、「ポケモンは動物虐待」と抗議するなど、ゲームに対して過激な活動をこれまでも何度も行ってきました。
サンドボックスゲーム『マインクラフト』の動物殺傷禁止サーバーを開設したことで話題になったこともあります。
※マインクラフトではプレイヤーが動物を倒して素材や肉にすることができます。

これまで、こうした抗議が大きな問題になったことは一度もないと思います。
今回もMILKを批判したからといって、任天堂のイメージが低下するなどは考えられないでしょう。

ゲームファンが何か心配する必要はありません。
「いつものことか~」と思ってニュースを見て頂くのが良いと思います。

Amazonで購入する

1-2-Switch
1-2-Switch

スポンサーリンク