カナダの幼児向けCGアニメ『PAW Patrol (パウパトロール)』がゲーム化決定!Switchなどで発売へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Outright GamesがNICKELODEONと提携して、Keith Chapmanによって制作されたカナダの幼児向けCGアニメ『PAW Patrol (パウパトロール)』をゲーム化することを発表しました。

ゲーム版のタイトルは『PAW Patrol: On a Roll』となり、プラットフォームはPS4、Xbox One、Nintendo Switch、PCで、2018年9月(今秋)にリリースされる予定です。

『パウパトロール』は、ライダー(Ryder)という技術に精通した少年と、彼が率いるヒーロー救助犬(Chase、Marshall、Rubble、Skye、Rocky、Zuma、Everest、Tracker)に焦点を当てたアニメです。
彼らはアドベンチャーベイのコミュニティを保全するための任務をこなすべく、一緒に仕事をしています。

ヒーロー救助犬は、実生活に基づいたユニークな能力を持っています。
例えば、マーシャルは消防士の能力を持ち、チェイスは警察官の役割と似ています。
彼らは全員、必要に応じてカスタマイズされた車両に変形できる犬小屋に住んでいます。
また、彼らは救助に使う機械が入った “Pup Packs”と呼ばれるリュックサックを備えています。

彼らの能力を使って友人を救い、地域社会を安全に保つのを助けてください。
ファーマー・ユミ牧場、ジェイク・マウンテン、砂漠の峡谷、波の下などを含む、アドベンチャー・ベイの8つの場所に飛びたちます。
楽しいパズル・プラットフォームを特徴とするアクションは、すべての年齢の子供たちにとって “PAWフェクト(パーフェクト)”です。

「パウパトロールは、家族全員が楽しめるシリーズです。子供たちと両親が一緒に遊ぶことができるビデオゲームを開発しています。」
「今後数か月のうちに、アクション満載の機能についてもっと詳しく説明できることに興奮しています。」と、Outright GamesのCEO・Terry Malham氏は述べました。

情報源:Outright Games

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク