【更新】オリジナルとなるGBC版『シャンティ』がSwitch向けとして2020年9月に発売決定!『Shantae Risky’s Revenge – Director’s Cut』もSwitchとXbox Oneに登場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナルとなるゲームボーイカラー版『シャンティ』が、Nintendo Switch向けとして2020年9月に発売されることが本日放送された「LRG3 show」でアナウンスされました。
Switchでは物理的にもデジタルでも発売される予定です。

また、『Shantae Risky’s Revenge – Director’s Cut』もSwitch&Xbox One向けとして2020年秋にリリースされます。
Switchでは物理的にもリリース予定です。

【更新】
Automatonによると、Xbox One版『シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲- (Shantae Risky’s Revenge)』は日本でも配信されるとのこと。
一方、『Shantae』などNintendo Switch向けタイトルについては、日本での販売パートナーが必要であり、これについては現時点で発表できるものはないとしています。

また、『River City Girls』の新作についても、開発中であるということ以上に公開できる情報はないそうです。

【UPDATE 2020/7/10 12:05】
弊誌がWayForwardに確認したところ、同スタジオはすべてのXbox One向けタイトルを全世界で自主配信しているため、Xbox One版『シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲-』は、日本でも配信されるとのこと。一方、『Shantae』などNintendo Switch向けタイトルについては、日本での販売パートナーが必要であり、これについては現時点で発表できるものはないとしている。また、『熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls』の新作についても、開発中であるということ以上に公開できる情報はないとのことだった。