将来的に「Nintendo Switch」がアップグレードしていく可能性を任天堂が示唆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


任天堂の取締役 常務執行役員・高橋伸也氏と、Switchの総合プロデューサー・小泉歓晃氏が米TIMEのインタビューに答えています。

このインタビューの中で、Switchのライフサイクルや、DSや3DSシステムのようにハードウェアをアップデートしていく可能性を語りました

「これまでずっと任天堂の家庭用ゲーム機を購入してきた層は、Switchを家庭用機として扱い、一度買ったら長い間それを使うことになるかもしれません」と高橋氏は話す。

「一方、これまで任天堂の携帯ゲーム機の方を使ってきたゲーマーは、Nintendo Switchを買い、もし仮にその後で新しいバージョンが出てくれば、アップグレードしようと思うかもしれません」

ニンテンドーDSには、ニンテンドーDS Lite、DSi、 DSi XLというアップグレード機種が存在し、3DSにもNew 3DSや2DSといった新たなモデルが追加された。

情報源:IGN Japan

ニンテンドーDS、ニンテンドー3DSがアップグレードで進化してきたように、「Nintendo Switch」もその可能性があることを示唆しました。

とはいえ、スイッチは今年の3月3日に発売予定なので、仮にそういった話があるとしても、来年・再来年のことでしょう。
未来のお話なので、今は気にしないほうがいいと思います。

【ニンテンドースイッチを予約】
Amazon
楽天市場
セブンネットショッピング Nintendo Switch特集ページ

スポンサーリンク