米任天堂とウエスタンデジタルの提携が発表!Switch向けの「SanDiskメモリカード」が発売決定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、Nintendo of Americaが、ハードディスクドライブやフラッシュメモリー製品を行うウエスタンデジタルと提携することを発表しました。
両者は、任天堂ライセンス商品となる「SanDiskメモリカード」を発売します。

発売されるのは64GBおよび128GBの「microSDXC SanDiskメモリカード」となり、2017年10月より一部の小売店にて販売されます。
メモリカードには、Nintendo SwitchとSanDiskのロゴが表示されます。
画像を見る限り、ゼルダデザインが64GBで、マリオデザインが128GBとなるようです。

Nintendo of AmericaのStrategic Initiatives担当シニアバイスプレジデントTom Prata氏は次のように述べています。

「ウエスタンデジタルはメモリストレージの世界的リーダーであり、SanDiskブランドのmicroSDカードは世界中の消費者に信頼されています。これらの任天堂のライセンスを受けた新しいメモリカードは、デジタルコンテンツのための重要な追加ストレージを提供し、多くの小売店では任天堂のゲームやアクセサリーとともに販売されます。」

ウエスタンデジタルのクライアントソリューション担当副社長Sven Rathjen氏は次のように述べています。

「Nintendo Switchでますます驚異的にゲームや関連コンテンツがダウンロードできるようになり、当社のライセンスを受けたメモリカードにより、ユーザーは素早く簡単にストレージを拡張できます。」
「Nintendo Switchは勢いを増しています。任天堂と提携して消費者に信頼できるカードを提供できることに興奮しています。」

こういったライセンス商品は安心して購入できるので、発売はありがたいですね。
Switchのロゴ入りなのもファンにはたまらない感じだと思います。

なお、現時点で日本で発売されるという情報はありませんでした。

情報源:Nintendo

© 2017 Nintendo

スポンサーリンク