Switch版『Nine Witches: 家族騒動』が国内向けとして2021年4月15日に配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Nine Witches: 家族騒動』が、国内向けとして2021年4月15日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,990円(税込)に設定されていますが、2021年4月14日 23時59分までは割引価格の1,592円(税込)で購入することができます。

本作は、レトロ感満載なピクセルアートグラフィックを特徴とした、完全オリジナルストーリーで描かれるオカルトアドベンチャーゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

小さなノルウェーの村が超常現象に襲われる!恐怖の謎を解明できるのは全身麻痺のオカルト博士と彼に忠誠を誓う助手の二人だけ。

1944年10月、素朴なノルウェーの村、サンデーの頭上には魅惑的なダーク・ムーンが輝き、村内では住民を悩ます不可解なことが相次いでいる。

第二次世界大戦が続く中、第三帝国軍秘密部隊の「オカルト-55」がサンデーに到着。彼らはやけになり、戦いの流れを強引に変えようと古の呪いを解き放とうと計画している。

全身麻痺でオカルト科学の申し子アレクセイ・クラコヴィッツ博士と彼に忠誠を誓っている助手、アキロウ・カガサワの二人はオカルト-55の謎を解明し、世界の平和を守るミッションのため、秘密裏にノルウェーに送り込まれる。

完全オリジナルストーリー、目を疑うようなダークユーモア、エキセントリックなキャラクターたちの戯れ、ディアボリックな発明品、パズル、オカルト、喋る死者、魔女、ミミズ、謎の祭典、そして人類を脅かす古の呪い。

夢と現を行き来する大冒険、無我の境地まで夢中になることだろう!
はっはっは!

特典:
– 他にない、完全オリジナルストーリー(99.999999%保証!)
– シングルプレイヤー、デュアルキャラ操作アクションアドベンチャー。パズル要素もあり。
– アレクセイ・クラコヴィッツ博士と彼の忠実な日本人助手、アキロウ・カガサワがオカルト-55と対峙する英雄物語に加入しよう!
– レトロ感満載なピクセルアート
– 風変わりなキャラクターたち
– ノルウェーの北海側に位置する抑圧的な村、サンデーを訪れよう
– 死者と会話しよう

<公式サイト>
https://beep-company.com/nine-witches/

Nine Witches: 家族騒動 is published by Beep. Copyright © 2021 Blowfish Studios, all rights reserved. © Indiesruption