「雷電」シリーズの株式会社MOSSが子会社のカミナリゲームスを設立。自社タイトルのみならず受託でのソフト開発も積極的に行うことを発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「雷電」シリーズの株式会社MOSSが、子会社のカミナリゲームスを設立したことを本日9月19日に発表しました。

雷電V Director's Cut - PS4
雷電V Director’s Cut – PS4

posted with amazlet at 18.09.19
モス (2017-09-14)
売り上げランキング: 19,939

【子会社設立のお知らせ】
株式会社モス(本社:東京都台東区、代表取締役:駒澤 敏亘)は、 グループの開発力強化を実現するため、ゲーム開発事業を専門とする100%連結子会社「株式会社カミナリゲームス」 (本社:東京都台東区、代表取締役:星野 仁)を設立いたしました。
Unreal Engine 4,Unityをはじめとした各種ゲームエンジンでの開発、施設向けVRコンテンツ制作など、モスで長年開発を行ってきたメンバーに加え、技術力の高いスタッフが中心となり、適切な技術と効率的な開発環境を構築することで、よりハイクォリティなゲーム製作を実現します。

Unreal Engine 4 試作サンプル



UnrealEngine4やUnityをはじめとした各種ゲームエンジンでの開発、施設向けVRコンテンツ制作など、モスで長年開発を行ってきたメンバーに加え、技術力の高いスタッフが中心となり、適切な技術と効率的な開発環境を構築することで、よりハイクォリティなゲーム製作を実現し、自社タイトルのみならず、受託でのソフト開発も積極的に行うとのことです。

現時点でカミナリゲームスとしての開発タイトルなどは発表されませんでしたが、Nintendo Switch、PlayStation 4、Xbox One、Steam(PC)などのコンシューマゲーム開発、アーケードゲーム開発、各種コンテンツの開発を行っていくようです。

情報源:4gamer