『moon』サウンドトラックBoxの情報は5月25日に公開予定!完全受注生産に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年12月、『moon』のオリジナルサントラリマスター版『Sketch of the moondays 2020 (仮題)』が2020年春に発売されることがOnion Gamesから発表されました。
先日にはThelonious MonkeesのTwitterアカウントにてサントラBoxの先行予約がもうすぐスタートすると報告されていましたが、Onion Gamesのメールマガジン「のぞきみクラブ」にてさらなる続報が公開されています。

メールマガジンによると、申し込み受付はもうすぐ開始で完全受注生産になるとのこと。
正式なタイトルは「EX-PO’97 In memoriam the moondays」に?

そしてサントラの情報解禁日は、5月25日が予定されています。

以下、「のぞきみクラブ」よりサントラBoxの制作に関わったThelonious Monkeesからのメッセージです。


「1997年に私たちは、東京に集まり、moon祭りの熱気の中、身体をのけぞらせて踊った。世紀末に私がラブデリックで体験したこと、サイケデリックで、ファンカデリックでテクノデリックな魂が1997年に収束し、発散した1年半の軌跡を、音と絵と文章で余すことなく綴ったコンセプトアルバムが、この「EX-PO’97 In memoriam the moondays」です。サウンドクラフトマンとして最大限の情熱をこの作品に込めました。その思いが皆様に届くと強く信じています!! 」

(アダチ マサノリ/セロニアス・モンキース)


「兎に角、このBOXには5枚のDISCを始めとして沢山のグッズを入れ込んでいます。BOXの造りすら拘っています。掘り起こせる記憶、データをできる限りサルベージしたつもりです。1997という特別な年をEXPO《博覧会》という展示場で楽しんでもらえればと思います。」

(谷口博史/セロニアス・モンキース)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク