『モンスターハンター:ワールド』がSwitchでリリースされない理由について開発者が語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国のゲームメディアIGNに、『モンスターハンター:ワールド』のプロデューサー辻本良三氏と、エグゼクティブ・ディレクター/アートディレクターの藤岡要氏へのインタビューが掲載されています。

最後の質問で、IGNから「モンスターハンターと任天堂の長い歴史の中で、Nintendo Switchでモンスターハンターワールドをリリースする計画はありますか?」という問いがあり、二人は次のように回答しました。

「現時点では、Switchの計画はありません。 理由の一部としては、タイトルが約4年間開発されているということです。 私たちはハードウェアの選択を決めないといけなかった時に、当時利用可能な最も強力な現在の世代のコンソール(PS4とXbox One)を使用することに決めました。」と述べ、当時はSwitchが発売/発表されていなかったため、選択肢になかったと答えています。

続けて、全てのタイトルはそのハードウェアがコンセプトに合っているかどうか。そしてそれが(4年前の時点で)PS4とXboxOneが適合していました。説明しています。

『モンスターハンター:ワールド』は、2018年1月26日にPS4で発売される予定です。
北米&欧州では、PS4に加えてXbox OneとWindows (Steam)でも発売されます。

情報源:IGN Japan

PlayStation 4 MONSTER HUNTER: WORLD Starter Pack Black (CUHJ-10022)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018-01-26)
売り上げランキング: 65